人生の最後を車いすで過ごしたくない、と願いつつ
ウォーキングとスロージョギングによる
8,955kmのバーチャル 日本一周にチャレンジ中です

2014.01.01に 広島をスタートして 今日で年と
目標は 2年と

2011年11月03日

太る体質は幸運だと思おうか

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.9kg。(対前日増減 −0.3kg バッド(下向き矢印)

<今朝のウォーキング>
 ・ラジオ体操を含め 45分 ( 2.5km )

 曇り 05:15 曇り、17度c。いつもの3人でラジオ体操第一、第二とウォーキングへ。るんるん
 
 ここ1ヶ月というもの、体重が65kgに張りついて動こうとしない。5年前には75kgだったのが10kgも減ってBMIの標準体重にピタリなのだから、通常なら大満足してしかるべきなのだろう。

 しかし、今春には63kg台をキープしていた身には、ずいぶん重たくなった感じがして体重計の数字がうとましい。

 月に300km走るという村上春樹さんは こう表している。


 『太りやすい体質に生まれたことは、かえって幸運だったのかもしれない。つまり僕の場合、体重を増やさないためには、毎日ハードに運動をし、食事に留意し、節制しなくてはならない。しんどい人生だ。しかしそのような努力を怠りなく続けていると、代謝が高い水準で保たれ、結果的に身体は健康になり、頑丈になっていく。老化もある程度は軽減されるだろう』

『むしろ天から与えられた幸運なのだと、ポジティブな方向に考えるべきではないだろうか。赤信号が見えやすいだけラッキーなのだと。まあ、なかなかそんな風には思えないですけどね』


  村上春樹
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 07:08 | Comment(0) | ジョギング

2011年11月02日

走りながら考えることは?

<今日の体重>
 今朝の起床直後 65.2kg。(対前日増減 +0.3kg グッド(上向き矢印)

<今朝のウォーキング&ジョギング>
 ・ラジオ体操を含め 45分 ( 2.5km )
 ・ジョギング 1時間07分46秒 (11.0km)

 曇り 05:15 曇り、16度c。いつもの3人でのラジオ体操とウォーキングの後、るんるんバナナ半個を補給して10kmの朝ランへ。
 バナナのエネルギーが30分後から効きはじめたのか、わーい(嬉しい顔)5kmを過ぎてから足取りに力強さが出たきた。モバQ

距離 ペース 距離 ペース
  1 6:27   6 6:07
  2 6:15   7 6:06
  3 6:11   8 6:17
  4 6:15   9 5:59
  5 6:12   10 5:57
        11 5:58
---------------------------------------
    6:16     6:05

 T 01:07:46   6:09  805kcal
Garminのデータ


 いつも走り始めたとたん、生活上の雑念は完全にどこかへ飛んでいって自然に走りに集中している。最近は2kmを過ぎたころから呼吸が次第に おだやかになり、5kmあたりから座禅の境地というと大げさだけど、自分と周辺が一体になっている感じが生まれてくる。ぴかぴか(新しい)

 自分では言い表せない感じを村上春樹さんの文が救ってくれる。
 
 『僕は走りながら、ただ走っている。僕は原則的には空白の中を走っている。逆の言い方をすれば、空白を獲得するために走っている、ということかもしれない』

 『走っているときに頭に浮かぶ考えは、空の雲に似ている。いろんな形の、いろんな大きさの雲。それらはやってきて、過ぎ去っていく。でも空はあくまで空のままだ。雲はただの過客(ゲスト)に過ぎない。それは通り過ぎて消えていくものだ。そして空だけが残る。空とは、存在すると同時に存在しないものだ。実体であると同時に実体ではないものだ。僕らはそのような茫漠とした容物(いれもの)の存在する様子を、ただあるがままに受け入れ、呑み込んでいくしかない』


  村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
タグ:朝ラン
posted by 甘ん at 09:54 | Comment(0) | ジョギング

2011年11月01日

ランナーズ・ブルーをくぐり抜け

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.9kg。(対前日増減 −0.1kg バッド(下向き矢印)

<今朝のウォーキング>
 ・ラジオ体操を含め 45分 ( 2.5km )

  05:15 快晴、14度c。人影が日毎に減っていくなぎさ公園で、今朝も満天の星を眺めながらラジオ体操とウォーキング。るんるん

 
 10月のジョギング総距離は79kmで終わった。
 転倒事故がなければ、今ごろは6日の「下関海響マラソン」初フルを期待感と不安感を拮抗させながら最後の仕上げをしていただろうに・・。もうやだ〜(悲しい顔)
  


 さあ11月。気分一新して来年の初フルマラソン完走を目指して地道な走りを積み重ねなきゃ。
 文才のなさを繕うため、ここはランナーズ・ブルーをくぐり抜けたときの村上春樹さんの表現をお借りしよう。わーい(嬉しい顔)

 『日本から持ってきた荷物を整理し、いろんな事務手続きを終え、いったんそこに生活の場を設置してしまうと、僕は再び熱心に走り始めていた。早朝のひきしまった空気を胸に吸い込みながら、走り慣れた地面を蹴って走ることの喜びが、生活の中によみがえってきた。靴音と、呼吸音と、心臓の鼓動とが絡み合って、独特のポリリズムを作りあげていく』

  村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から引用。
  ※ポリリズム

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 07:55 | Comment(0) | ジョギング

2011年10月31日

追い抜かれるときの心理

<今日の体重>
 今朝の起床直後 65.0kg。(対前日増減 +0.5kg グッド(上向き矢印)

<今朝のウォーキング&ジョギング>
 ・ラジオ体操を含め 50分 ( 2.5km )
 ・ジョギング 1時間02分03秒 (10.0km)

 晴れ 05:15 快晴、15度c。満天の星。この秋一番の星空を3人で仰ぎながら、ウォーキングへ。るんるん
 
 一旦帰宅してバナナを半分と水を飲んで、定番の朝ラン五日市港〜廿日市港1周の10kmへ。

距離 ペース 距離 ペース
  1 6:44   6 6:11
  2 6:24   7 6:15
  3 6:11   8 6:01
  4 5:56   9 6:21
  5 6:08   10 5:50
---------------------------------------
    6:17     6:08

  T 01:02:03   6:12  728kcal
Garminのデータ

 
 調子は少しずつ回復しているのだろう、後半バテることなく快調に廿日市大橋を下っていると、20代の女性が大きなストライドで追い抜いていった。

 いつも近辺の女子中学生に追い抜かれているので慣れてしまっているけど、以前は「あんたたちは3キロくらいしか走らないんだろう。おじさんはもう5キロも10キロも走ってきたんだぞ」などと内心で負け惜しみを言いながらヨタヨタと追いかけたものだ。わーい(嬉しい顔)

 信号で追いついたところで、「速いねー」と声をかけると明るい笑顔が返しながら、軽快な足取りで消えていった。モバQ


 村上春樹さんがボストン・チャールズ河沿いを走ったとき、ハーバード大の女子の新入生たちに追い抜かれて行った時の心理が見事な筆致で著されている。ぴかぴか(新しい)

 『自慢するわけではないけれど、負けることにはかなり慣れている。世の中には僕の手に余るものごとが山ほどあり、どうやっても勝てない相手が山ほどいる。しかしたぶん彼女たちはまだ、そういう痛みをあまり知らないのだろう。そしてまた当然のことながら、そんなことを今からあえて知る必要もないのだ。彼女たちのゆらゆら揺れる誇らしげなポニーテールと好戦的な脚を眺めながら、僕はそのようなことを当てもなく考える。そしてペースを守りながらのんびりと川沿いの道を走る』

『だから彼女たちに背後から抜かれて行っても、別に悔しいという気持ちはわいてこない。彼女たちには彼女たちに相応しいペースがあり、時間性がある。僕には僕に相応しいペースがあり、時間性がある。それらは全く異なった成り立ちのものだし、異なっていて当たり前である』


  村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 13:24 | Comment(0) | ジョギング

2011年10月30日

ランナーズ・ブルー

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.5kg。(対前日増減 −0.4kg バッド(下向き矢印)

  05:15 小雨、16度c。雨音がしたのでウォーキングは中止。二度寝に入る。わーい(嬉しい顔)

 サラリーマン時代の小説といえば経済小説、推理小説、歴史小説くらいしか読んでこなかった自分が、村上春樹のエッセイを読むはめになるとは思わなかった。あせあせ(飛び散る汗)

 手に取ったのは表題の頭の「走る」に惹かれただけのことなのだが、読み進めるうちに、その暗喩の流れにすっかり魅了され洗脳されてしまった。わーい(嬉しい顔)


村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から

(40代後半での走りについて)

 『フル・マラソンのタイムは潮が引いていくみたいに、ゆっくりとではあるけど着実に後退を続けた。走ることが以前みたいに、手放しで楽しいと思えなくなった。

ぼくと「走ること」のあいだには、そのような緩やかな倦怠期が訪れていた。そこには払っただけの努力が報われないという失望感があり、開いているべきドアがいつの間にか閉ざされてしまったような閉塞感があった。それを僕は「ランナーズ・ブルー」と名づけた。』



 村上さんは何十年も走ってきて、故障を知らないというから驚きだ。
 多くのランナーたちの「ランナーズ・ブルー」を感じる時には、タイムの停滞以外に故障や仕事で走れない期間もある。 リハビリのウォーキング中に気持ちよく描け去っていくランナー達の後ろ姿を追うとき、まさに「ランナーズ・ブルー」だ。

 アラ7のσ(^^)も年齢からいけば、そろそろ手を携えているタイム停滞の「ランナーズ・ブルー」から脱し、達観の域に達しなければいけないのだが・・。わーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
15番目前後を浮遊しています。
応援 ありがとうございます。m(_._)m
posted by 甘ん at 10:26 | Comment(0) | ジョギング

2011年10月29日

村上春樹語録2

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.9kg。(対前日増減 −0.2kg バッド(下向き矢印)

<今朝のウォーキング&ジョギング>
 ・ラジオ体操を含め 50分 ( 2.5km )
 ・ジョギング 1時間32分19秒 (14.0km)

  05:15 曇り、16度c。いつもの3人でのウォーキングを終え、15kmの朝ランへ。モバQ

 商工センターを突き抜け、庚午橋を渡り広島総合グランドを一回りして帰路へ。
 
 誰もいない サブ競技場を独り占めして走るのは爽快だったが、タイムは全くお寒い限り。
 おまけに、8月のように20kmを走るだけのスタミナはない。ふらふら

距離 ペース 距離 ペース
  1 6:54   6 6:15   11 6:30
  2 6:54   7 6:32   12 6:31
  3 6:41   8 6:27   13 6:40
  4 6:41   9 6:47   14 6:25
  5 6:39   10 6:22
---------------------------------------
    6:46     6:29     6:32

  T 01:32:19   6:36  1,036kcal


村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から

(40代半ばまでの走りについて)

 「走り手としてはきわめて平凡な――むしろ凡庸というべきであろう――レベルだ。しかし、それはまったく重要な問題ではない。昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと、それがより重要なのだ。長距離走において勝つべき相手がいるとすれば、それは過去の自分なのだから」。


 
 タイムの更新が止ってしまった40代後半からの

 「ランナーズ/ブルー」とは。
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
タグ:村上春樹
posted by 甘ん at 09:29 | Comment(2) | ジョギング

2011年10月27日

村上春樹語録から

<今日の体重>
 今朝の起床直後 65.5kg。(対前日増減 +0.4kg グッド(上向き矢印)

<今朝のウォーキング&ジョギング>
 ・ラジオ体操を含め 50分 ( 2.5km )
 ・ジョギング 1時間03分20秒 (10.0km)

 晴れ 05:15 快晴、9度c。いつもの3人でウォーキングの後、独りで朝ラン10kmへ。

 ウォーキングの際にスクワットをしたのが影響したのが、下半身に力が入らない、フワフワした足取りになってしまった。ふらふら

 明後日は15kmほど、ゆっくり走ってみよう。


 距離 ペース
  1  6:16   6  6:20
  2  6:02   7  6:29
  3  6:20   8  6:22
  4  6:10   9  6:46
  5  6:22   10  6:12
-------------------------------
     6:14      6:26

平均ペース: 6:20 min/km
今日のGarminのラン データ

-----------------------------------------------

 「もしタイム内で走れなかったとしても、やれる限りのことはやったという満足感なり、次につながっていくポジティブな手応えがあれば、また何かしらの大きな発見のようなものがあれば、たぶんそれはひとつの達成になるだろう。言い換えれば、走り終えて自分に誇り(あるいは誇りに似たもの)が持てるかどうか、それが長距離ランナーにとっての大事な基準になる」。
 
 村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から


-----------------------------------------------

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
タグ:村上春樹
posted by 甘ん at 12:23 | Comment(0) | ジョギング

2011年10月25日

後半バテバテ、朝ラン10km

<今日の体重>
 今朝の起床直後 65.5kg。(対前日増減 +0.5kg グッド(上向き矢印)

<今朝のウォーキング>
 ・ラジオ体操を含め25分 ( 1.5km )

 曇り 05:15 曇り、17度c。いつもの3人でウォーキングとラジオ体操をして、朝ランへ。グッド(上向き矢印)

<今朝のジョギング>
  ・1時間 3分13秒 ( 10.0km )735kcal

 距離 ペース
  1  6:28   6  6:02
  2  6:11   7  6:17
  3  6:16   8  6:17
  4  6:10   9  6:31
  5  6:23   10  6:36
-------------------------------
     6:18      6:21

平均ペース: 6:19 min/km

 8kmを過ぎてバテてしまっている。ふらふら
 やはり、20日間に近いブランクの影響は大きい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 08:35 | Comment(2) | ジョギング

2011年10月21日

股関節外転筋の訓練をルーチンに

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.9kg。(対前日増減 −0.2kg バッド(下向き矢印)

<今朝のウォーキング>
 ・ラジオ体操を含め45分 ( 2.5km )

 曇り 05:15 曇り、18度c。雲間から下弦の月が見え隠れする中天に向かい深呼吸して、ウォーキングの開始。るんるん

 昨日、インフルエンザの予防接種をしたので、朝ランは自重した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ランニング シューズの踵の減りを見るまでもなく、O脚で、左足先が開いて出る癖を何とか治そうとしてきた。たらーっ(汗)

 O脚が膝関節にダメージを与えるという中国新聞の記事を読んで、股関節外転筋の訓練をルーチンワークにしてみようと思う。

クリックすると拡大されます。
  kansetu1.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


posted by 甘ん at 09:20 | Comment(0) | ジョギング

2011年10月19日

ほぼ復調できた

<今日の体重>
 今朝の起床直後 65.0kg。(対前日増減 +0.6kg グッド(上向き矢印)

<今朝のウォーキング>
 ・ラジオ体操を含め25分 ( 1.5km )

 晴れ 05:15 快晴、11度c。薄ての手袋を着けて3人でのウォーキング スタート。るんるん途中で別れてジョギングへ。

<今朝のジョギング>
 ・1時間02分15秒 ( 10.0km )728kcal

 今朝は3週間ぶりに、五日市港〜廿日市港を1周する定番10kmコースを走ってみた。モバQ

 住吉の桜並木にかかるあたりで、眼前の榎ノ浦大橋を見ながら、「あの辺りで転倒したんだなあ」と感慨にふけりつつ・・。フリーダイヤル

 夏場に比べ汗の量が1/3に減った。

 夏場の10kmの朝ランで走った後では −1.0kgだったのが、今朝は −0.3kgだった。


 平地でのスピードについては20日前までの走力を取り戻したようだが、登り坂(〜9km)には、もう少し時間がかかりそうだ。
 
距離 ペース 距離 ペース
  1 6:49   6 6:01
  2 6:14   7 6:09
  3 6:13   8 6:04
  4 6:01   9 6:42
  5 6:04   10 5:57
---------------------------------------
    6:16     6:12  T 6:14
 
 


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 09:13 | Comment(0) | ジョギング
Powered by さくらのブログ