2022年03月12日

苗札

曇り 曇 10℃ (最高気温予想 19℃ )
 《今朝の体重 64.8kg (対前日 +0.4kg 右斜め上 ) 血圧:132/83
  
 
 プロ野球NPBの開幕まで2週間を切った。
我らのカープは去年のドラフトで近年にはない多くの即戦力投手と野手を獲得したから、ファンはこのオープン戦でも若手が大活躍をする姿を夢見てきた。ところが、スコアボードには0が並び、6人の先発投手候補を絞るどころか足りない状態で迎える状態だ。
 
 一次、二次キャンプのLIVEを見ていて気になったのが、確かに選手は息を抜けない練習スケジュールで行われていたけど、3連覇の時と同じメニューをただこなしているだけの感じだった。150キロの球をがんがん打つ練習、苦手な変化球をファールする練習など、どれだけできたのだろうか。
 
 昨日の試合では松山、田中、長野などベテラン組が入って、それなりの結果が出たけど、彼らの力は底が知れている。他のチームのように、外国人選手に頼るチームになってほしくないだけに、若手の停滞が歯がゆい。
 
  
苗札:春の季語。
 苗床、花壇、鉢などへ種を巻いたあと、小さな木札に名称、品種、日付などを記して立てておく。
 
  
苗札挿すひととせの反省込めて  甘 



nae220312.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:カープ
posted by 甘ん at 10:28 | Comment(2) | 俳句

2022年03月11日

卒業

曇り 曇 6℃ (最高気温予想 18℃ )
 《今朝の体重 64.4kg (対前日 −0.1kg 右斜め下
  
 
 kuuの卒業式が18日(金)だから、登下校姿に手を振ることができるのも、あと3日。入学時の身長 117cmで、革製のランドセルが歩いているかのようだったが、158cmの今は背中にくっついているだけ。
 今朝は卒業記念に6年間一緒に登校している rinoちゃんとの登校姿を撮っておいた。(写真左側がkuu)
 
 
卒業:春の季語。傍題;卒業式、卒業生、卒業証書、卒業歌、卒業論文、謝恩会
  
卒業期背に小さきランドセル  甘 



sotugyouki220511.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 10:31 | Comment(2) | 俳句

2022年03月10日

みすゞ忌

晴れ 晴 3℃ (最高気温予想 16℃ )
 《今朝の体重 64.6kg (対前日 +0.1kg 右斜め上 ) 血圧:139/93
  
 
 3月10日は詩人・金子みすゞ(1903〜1930)の忌日。出身地の山口県長門市では2,3年前まで「全国俳句大会」が開催され、市が音頭を取って「みすゞ忌」を季語にしようという声で盛り上がっていた。しかし、最近のネット上ではその声も僅かとなっている。 
 
 
(さわら):春の季語。傍題;さごち、さごし、鰆舟、鰆釣
 鰹に似てやや細長い出世魚。玄界灘、瀬戸内海に多い。
 
鰆舟から流し網の灯みすゞの忌  甘 





山口県出身の歌手・作曲家の ちひろさんが曲をつけて歌っている。

金子みすゞ「波の子守唄」 歌:ちひろ



金子みすゞ「私と小鳥と鈴と」 歌:ちひろ

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 07:28 | Comment(2) | 俳句

2022年03月09日

春疾風

晴れ 晴 1℃ (最高気温予想 14℃ )
 《今朝の体重 64.5kg (対前日 −0.3kg 右斜め下 ) 血圧:143/88

 
 黄砂情報の予測地図に先行したように、日差はあっても遠くのビルや島影が霞んでいる。
 ワイフの栄養とエネルギー補給に処方してもらっていた経腸栄養剤「イノラス」の飲用を止めて、朝・昼食の飲み物はコーヒーまたは紅茶、ヨーグルトにしてみた。食欲の様子を見て復活も考えることにする。
 
 
春嵐:春の季語。傍題;春疾風(はるはやて)、春荒(はるあれ)
 春の強風。南風が砂塵を巻き上げることもある。
 
一斉に振り向かれたり春疾風  甘 


 
kuristmas220308.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 09:36 | Comment(0) | 俳句

2022年03月08日

汐干

晴れ 晴 1℃ (最高気温予想 12℃ )
 《今朝の体重 64.8kg (対前日 +0.2kg 右斜め上 ) 血圧:146/91
 
 
 春霞か薄い黄沙か。晴れているのに能美島が薄ぼんやり。
 昨年10月4日に小指・薬指の骨折手術以来、通院をしてたシムラ病院での最後の受診と思っていた。だが、広島大学病院から派遣の林医師から、「手術後6ヶ月の骨の付き方の最終形を見たいので、5月2日に最後の受診を」望まれたので了解。
 
 
汐干:春の季語。傍題;干潟、潮干狩、汐干船、汐干貝、汐干岩、汐干籠
 磯や浜の潮が遠く退くこと。
 
縄張りの自づと生まる汐干狩  甘 


今どきなら、
排他的領域生まる汐干狩 甘


 
ノハラムラサキ(野原紫) 径5ミリほどの花。
noharamurasaki220308.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 10:45 | Comment(0) | 俳句