2022年08月18日

朝顔

曇り 曇 24℃ (最高気温予想 31℃ )
 《今朝の体重: 65.1kg (前日比 +0.3kg 右斜め上 )》

  何十日ぶりだろうか正午になるのにエアコンなしの朝になった るんるん ただ、午後は日差しが出てエアコンの回しっぱなしとなるのだろう。
   

朝顔:秋の季語。 傍題;牽牛花、蕣(あさがほ)
   
  簾(すだれ)は夏の季語なので、季重なりではあっても朝顔が主だから許されるだろう。
 だが、取り合わせを狙ったけど、成立していない。”や ”切れを止めて、”あさがほの”と、一物仕立てに変えてみた。

あさがほの簾に影の浮かぶころ  甘



asagao220818.jpg

 
  


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 12:07 | Comment(2) | 俳句

2022年08月17日

鶏頭

雨 雨 26℃ (最高気温予想 27℃ )
 《今朝の体重: 64.8kg (前日比 +0.6kg 右斜め上 ) 今朝の血圧;137 - 73 、52拍 》

  夜中の強い雷雨は夢現で聞いていたけど、ワイフは熟睡で気づかなかったという 眠い(睡眠)
 

鶏頭(けいとう):秋の季語。 傍題;鶏頭花、鶏冠、からあゐ、鶏頭燃ゆ
   
  下馬札の代はりのごとく鶏頭花  では面白くないので、

下馬札の見当たらざりき鶏頭花  甘


  余計に無理な表現になってしまった 眠い(睡眠)

乗り入れを禁ずとばかり鶏頭花  甘



keitou220817.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 11:05 | Comment(2) | 俳句

2022年08月16日

残暑

曇り 曇 28℃ (最高気温予想 31℃ )
 《今朝の体重: 64.3kg (前日比 +0.1kg 右斜め上 ) 今朝の血圧;132 - 81 、63拍 》

  今日はこれから西区舟入のクリニックへ。予報は薄雲が夕方まで覆っているようなので、楽に帰れそうだ。
 

残暑:秋の季語。 傍題;残る暑さ、秋暑、秋暑し、餞暑(せんしょ)
   
手放せし車恋しき残暑かな  甘



フウセンカズラ(風船葛)
huusenkazura220815.jpg 

  
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 11:35 | Comment(3) | 俳句

2022年08月15日

秋の雷

晴れ 晴 27℃ (最高気温予想 33℃ )
 《今朝の体重: 64.2kg (前日比 −0.1kg 右斜め下 ) 今朝の血圧;126 - 71 、64拍 》

  今朝の薄曇でのウォーキングは、05:30スタートし、観音山の山裾の小さな稲田の様子を見てきた。ほとんとが青田状態で、穂が出始めているのは一箇所だけだった。稲作を止めたようすの畑がまた増えたようだ。
 
  帰路の五日市中央公民館では住民がラジオ体操を行っていたけど、子どもたちの姿はなかった。側を通るときだけはポケットのマスクを着けて通り過ぎた。
  結局、52分で6,531歩、ほぼ4.7km。今朝も瀬戸内名物の朝凪が待ち構えていた。
 

秋の雷:秋の季語。 傍題;秋雷
   
中抜きに西から東秋の雷  甘



inaho220815.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 12:32 | Comment(5) | 俳句

2022年08月14日

初秋

曇り 曇 27℃ (最高気温予想 33℃ )
 《今朝の体重: 64.3kg (前日比 +0.3kg 右斜め上 ) 今朝の血圧;126 - 71 、64拍 》

  今朝は曇り空でのウォーキングは、ちょっと寝すぎて06:00スタートし、八幡橋を渡り八幡川を上るコースを歩いた。最初の橋の駅前橋で帰路につくつもりだったが、川風が心地よくて150m先の橋を目指して歩いていたら、その橋を通り越していたことに気づきUターン あせあせ(飛び散る汗)
  結局、32分で4,292歩、ほぼ3km。帰宅すると朝凪が待ち構えていた。
 

初秋(はつあき):秋の季語。
  傍題;初秋、新秋、孟秋、蘭秋、首秋、盆秋、桐秋、秋浅し、秋口、秋初め
      
初秋の川風もらふ歩みかな  甘



teppoyuri220814.jpg 

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 09:45 | Comment(2) | 俳句