2022年08月22日

赤蜻蛉(あかとんぼ)

曇り 曇 27℃ (最高気温予想 32℃ )
 《今朝の体重: 65.3kg (前日比 −0.1kg 右斜め下 ) 今朝の血圧;135 - 91 、52拍 》

  足の むくみが治らない。起床時には完全に取れていて、ふくら脛もアキレス腱もやわやわだが、午後になると足の甲から脛にかけて むくんでくる。包帯を足先に巻く方法では即効があるが、当日だけしか保たない。
  主原因は運動不足と椅子に座る時間が長すぎることに違いないだろう。今日はこれから30分ごとに席を立って2〜3分の足首の運動などをやってみよう。
 
  足首の運動といえば、以前は足の指の間に手の指を押し入れて、ぐるぐる足首を回すストレッチをしていたことがある。それをやってみたところ、足の第2指〜第4指の間に手の指を入れようとしても、以前にはするりと入っていたのに、無理やり押し込まないと組めないのだ。
  継続は力なり。何度つぶやいたことだろう 眠い(睡眠)
 

赤蜻蛉(あかとんぼ):秋の季語。 傍題;秋茜(あきあかね)、深山茜
     
来るな来るな走る車へ秋茜  甘



トウガラシ(唐辛子)
tougarasi220822.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 11:23 | Comment(4) | 俳句

2022年08月21日

泡立草

曇り 曇 26℃ (最高気温予想 30℃ )
 《今朝の体重: 65.4kg (前日比 −0.1kg 右斜め下 )》

  第319回バーチャル句会 の投句一覧がアップされている。26年前から続いているネット句会で、今週の土曜日までが選句期間で、28日(日)に選句結果が発表される。今回は私を含め11名、33句が投句されている。

  日頃は500m圏内の店で食品の買物をしている。ワイフの調子が良くなかったのもあり、少し変わったものを探しに、昨日は独りで 16:30からウォーキングがてら実測で1kmの「ゆめタウン五日市店」へ。
 
  ドリップコーヒー、ゴマドレッシング、パン、バナナ3本、サラダ菜、エビサラダ、クリームコロッケ、だし巻き卵、ヤクルト10本を買ったのは良いが、ずっしり。honoの教材入りランドセルほどの重さだから5kg近くだっただろう。小学校横の坂道には、マスクを外さなければ上る元気はなかった ふらふら
 

泡立草:秋の季語。 傍題;秋の麒麟草、背高泡立草
 
泡立草きつと真裏の斜面にも  甘



背高泡立草
awadatisou220821.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 10:43 | Comment(6) | 俳句

2022年08月20日

新涼

曇り 曇 28℃ (最高気温予想 33℃ )
 《今朝の体重: 65.5kg (前日比 +0.2kg 右斜め上 )》

 ここ数日食べ過ぎで肥満への道へ向かっている。セーブしよう あせあせ(飛び散る汗)
 昨日は駅南口の石本歯科で4ヶ月ごとの歯石の除去へ。下の真ん中の前歯が少し欠けていたので修復されたけど、その欠片にまったく気づかずに飲み込んでいたのかも。


新涼:秋の季語。 傍題;秋涼し、秋涼、初涼、涼新た、新たに涼し
  秋になってから立つ涼気。
   
涼新たどばつといづるドレッシング  甘



コスモス
kosumosu220820.jpg
 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 10:08 | Comment(4) | 俳句

2022年08月19日

法師蝉

晴れ 晴 23℃ (最高気温予想 32℃ )
 《今朝の体重: 65.3kg (前日比 +0.2kg 右斜め上 )》

  昨日は晴れ間になってから法師蝉の声が聞け、夜はエアコンなしで就寝ができた ぴかぴか(新しい)
 
  午後になって kuuhonoがやってきた。夏休みの宿題を持ってきたのかと思えば、スマホだけ。即、ゲームに入る。
  夏休みも僅かとなり、kuuの中学校は26日から、honoの小学校は29日から授業が始まる。kuuもhonoも宿題をまだ残しているという。勉強は後回しでゲームばかりやってきたツケに、しっかり苦しめばよろしい パンチ
 
  夕食はみんなで庚午の「びっくりドンキー」で。普段はハンバーグを食べないワイフも、目の前に出されたからには食べざるを得ず、孫におだてられながらハンバーグの1/2・エビフライを一個とライスを少々を食べることができた レストラン


法師蝉:秋の季語。 傍題;つくつく法師、つくつくし

  息を切らせて急坂を上り終えた所で法師蝉の声が聞こえた。坂道などは何千句も世に出ているだろうから、思い切ってジョギング時に置き換えたみた。五日市〜廿日市港一周10kmのジョギングをしている頃には、6〜7kmくらいで よくランニングハイが訪れた。無我、瞑想の境地というか、この先 何百キロでも走れそうなハイな気分になる。ただ、その状態は1分程度しか保たず、ふっと元に戻る。
 
  ハイになるための何か引き金になるモノかコトがあるのだろうが、分からない。入るためのトリガーを「つくつく法師」にしてみると、次の句 るんるん
   
ランナーズハイに入り掛け法師蝉  甘



モミジアオイ(紅葉葵)
momijiaoi220819.jpg

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 09:15 | Comment(1) | 俳句

2022年08月18日

朝顔

曇り 曇 24℃ (最高気温予想 31℃ )
 《今朝の体重: 65.1kg (前日比 +0.3kg 右斜め上 )》

  何十日ぶりだろうか正午になるのにエアコンなしの朝になった るんるん ただ、午後は日差しが出てエアコンの回しっぱなしとなるのだろう。
   

朝顔:秋の季語。 傍題;牽牛花、蕣(あさがほ)
   
  簾(すだれ)は夏の季語なので、季重なりではあっても朝顔が主だから許されるだろう。
 だが、取り合わせを狙ったけど、成立していない。”や ”切れを止めて、”あさがほの”と、一物仕立てに変えてみた。

あさがほの簾に影の浮かぶころ  甘



asagao220818.jpg

 
  


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


タグ:秋の季語
posted by 甘ん at 12:07 | Comment(2) | 俳句