2015年09月22日

その姿 女忍のごとし

05:00 晴 18℃
<今朝の体重> ・起床直後 63.8kg。(対前日増減 ±0.0kg )
<ウォーキング&ジョギング>
・昨日の 歩数計 6,239歩 今月合計 91km
バーチャル「日本一周」
 累積 2,558km/8,955km(日本一周の 29%)
新潟県上越市から柏崎市への途上。今 ここ [地図]


少し大きくなった川土手の曼珠沙華を観るために今朝もワイフと速歩(3分×5回)を入れて八幡川河口を一周するウォーキングを行った。

公園に戻ると木の根元に曼珠沙華が ひっそりと一本だけ立っているではないか。さらに見回すと もう二本の曼珠沙華が同じように咲いていた。

種子ができない曼珠沙華はどうやってここへ来たのだろう。

花言葉は「悲しい思い出」。

「葉見ず花見ず」という呼び名もあるそうで、花が咲くときには一枚の葉もなく、葉があるときに花は咲かないことから名付けられたという。

  曼珠沙華女忍のごとく出でにけり /甘

<昨日のエクササイズ>
 ・腕立て伏せ 30回 ・腰割りスクワット 10回 ・アイロン体操 2分
 ・竹刀の素振り 100回 ・腹筋 5分 ・かみかみ百歳体操 1回


manjushage100085.jpg

manjushage100088.jpg


にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
いつも応援ありがとうございます
ブログ更新の励みになっています

posted by 甘ん at 09:06 | Comment(0) | 俳句

2015年09月09日

公民館での「海老句会」に出席

曇り雨 06:00 曇⇔小雨 22℃
<今朝の体重> ・起床直後 63.9kg。(対前日増減 −0.2kg 右斜め下
<ウォーキング&ジョギング>
・今日の 歩数計 7,195歩 今月合計 39km
バーチャル「日本一周」
 累積 2,506km/8,955km(日本一周の 28%)
長野市から新潟県妙高市赤倉への途上。今 ここ [地図]


今日は楽々園公民館での句会へ出席するのに、折り畳み傘をバッグに入れて少し遠回りで 5kmの歩きができた。

俳誌『夕凪』の支部句会「海老句会」は毎月第2水曜 09:30〜12:00に開かれる。

この句会は兼題句会で、今回の題詠は「気」で、句の中に詠み込み二句を提出する。

 小太りは元気の証し月見豆 /甘
  
  5点句。月見豆=枝豆
  該当者の票を集めたようだ (^^)
  
  取り合わせには、下五は“食”ではない季語が良かった、とのコメントを頂いた。


 かなかなや手ぶら気ままに道の駅 /甘
  
  2点句。
  “気”を詠み込むために、ネット句会の「あさにが句会」に投稿して好評を得た、
  
 かなかなやダム湖見下ろす道の駅 /甘 

の中七を変えただけの安直な句だったから、「季語の“かなかな”の持つ物淋しさと中七の気楽さが合わない」のコメントに納得し反省した次第。ふらふら



<昨日のエクササイズ>
 ・腕立て伏せ 0回 ・腰割りスクワット 20回 ・アイロン体操 2分
 ・竹刀の素振り 100回 ・腹筋 10分 ・かみかみ百歳体操 1回


玉すだれ(四季水仙、ゼフィランサス)・・花言葉|慎重、繊細なこころ
tasasudare1100007.jpg

猩々草(ショウジョウソウ)
ageha1100006.jpg


にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
いつも応援ありがとうございます
ブログ更新の励みになっています
posted by 甘ん at 14:28 | Comment(2) | 俳句

2015年08月24日

8月バーチャル句会の選句から

晴れ 06:00 晴 23℃
<今朝の体重> ・起床直後 63.8kg。(対前日増減 ±0.0kg )

<昨日のエクササイズ>
・腕立て伏せ 0回 ・腰割りスクワット 20回 ・アイロン体操 2分
・竹刀の素振り 100回 ・腹筋 10分 ・かみかみ百歳体操 1回

<ウォーキング&ジョギング>
・昨日の 歩数計 8,968歩 今月合計 75km
バーチャル「日本一周」
 累積 2,436km/8,955km(日本一周の 27%)
長野県白馬村から長野市への途上。今 ここ [地図]

 
ネット句会の「バーチャル句会」の選句一覧がアップされた。

兼題 : 終戦記念日/ひぐらし/葛の花
(※ コ =選句はしなかったがコメントのみの句。 自 =自句自戒 )

-------------------------------------------------------------
 年ごとに祈りの日増ゆ終戦忌      甘
-------------------------------------------------------------
◯ さくら
 知れば知るほど辛いですね。
◯ ミキ
◯ 泥亀
 今年は戦後七十年の筋目に当たりいろんなイベントが現地でテレビで繰り広げられている。痛切な反省のもとに不戦の誓いを守り抜き平和主義を貫くことを祈念してます。
年ごとに身近な人が黄泉に旅立たれ「祈願」の増幅される重い気持・行動に賛同した。

コ 春生
 例えば、震災の被害者への祈りということでしょうか。
コ 木犀
 今年は区切りの年のせいもあって戦争のことが例年以上にマスコミ等に取り上げられている気がします。

自 甘
 悲しい出来事が増え手を合わせることが多くなりました。
 
---------------------------------------------------------------------
 ひぐらしやダム湖見下ろす道の駅    甘
---------------------------------------------------------------------
◯ せいいち
 ダム湖の底には人々の生活があったかもしれない。蜩にはそんな昔の郷愁を憶えます。
◯ よしを
 かつてダム湖の底に人々の暮らしがあったのでしょうね。
◯ シロー
 ダム湖の湖底には何百年か続いた村が沈んでいるのでしょう。道の駅が効いています。
◯ 春生
 道の駅の雰囲気が良く出ています。道も益々山深くなってきました。
◯ 泥亀
 道の駅「おろちの里」は国土交通省により斐伊川に整備された尾原ダムのダム湖「さくらこおろち湖」の畔湖に建つ、展望広場も備えている。木造平屋瓦葺の建物は森林と湖に囲まれた風景にマッチし買い物・休憩に訪れた人々を蜩と共に癒してくれます。
◯ 木犀
 遠くへのドライブの休憩ですか。景色と蜩の声に疲れも和らぎそうです。
コ びーどろ
 滝桜で有名な三春の道の駅を思い浮かべました。

自 甘
 ドライブがてら野菜の買い出しに行く道の駅です。
 
-------------------------------------------------------------
 肩を借りそつと抜き足葛の花      甘
-------------------------------------------------------------
◯ ミキ
 どういう場面でしょうか、想像するのも楽しいですね。葛の花から飛躍する内容に
コ 春生
 状況が見えてきません。

自 甘
 ワイフが落ちていた釣り針に足を取られたのを見ながら葛の花に応用したもの。



にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
いつも応援ありがとうございます
ブログ更新の励みになっています
posted by 甘ん at 07:43 | Comment(0) | 俳句

2015年08月17日

怕痒樹

05:00 曇 26℃
<今朝の体重> ・起床直後 64.2kg。(対前日増減 −0.2kg )


<ウォーキング&ジョギング>
・今日の 歩数計 4,301歩 今月合計 50km
バーチャル「日本一周」
 累積 2,411km/8,955km(日本一周の 27%)
新潟県糸魚川市から長野県白馬村への途上。今 ここ [地図]

 
公園をワイフと3kmウォーキング るんるん
5日間歩かなかった割には体重が64kg近辺で落ち着いていてくれた。

今まで漠然と愛でていた薄桃色のサルスベリの花房に近づいて観察してみると、ピンクと白の花で構成されていることに気づいた。

比較的開花時期が長いことから「百日紅」の別名があり、「怕痒樹(ハクヨウジュ)」、「くすぐりの木」という別名もある。

「怕」には怖いの意味があるので、幹を手で掻くと かゆいのか? くすぐったいのか? 怖がっているのか?
風もないのに枝葉が震え花が笑い動くところから、名付けられたという。


sarusuberi1090922.jpg

sarusuberi1090817.jpg



にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
いつも応援ありがとうございます
ブログ更新の励みになっています
posted by 甘ん at 07:21 | Comment(0) | 俳句

2015年08月13日

俳誌『夕凪』の海老句会へ出席

雨曇り 06:00 雨→曇 23℃
<今朝の体重> ・起床直後 64.1kg。(対前日増減 +0.3kg 右斜め上


<ウォーキング&ジョギング>
・昨日の 歩数計 0歩 今月合計 47km
バーチャル「日本一周」
 累積 2,408km/8,955km(日本一周の 27%)
新潟県糸魚川市から長野県白馬村への途上。今 ここ [地図]

 
日曜日のジョギングで膝をいためたようで、今日も休足日。

昨日は俳誌『夕凪』の「海老句会」に出席。
海老句会は講師のいない研鑽の場と言える兼題句会で、今回は「一」を織り込んでの二句提出だった。

地上への一段ごとに炎暑かな  /甘

 5点句。
 地下街や地下道から階段を上がる際の実感を呼び起こしていただけた。
 ただ、“一段ごとの”よりも“一段ごとに”が良かったが、“に”では切れが生じるので、「かな」を使わない収め方を考えても良いのでは、とのアドバイスももらった。

花火師の一本締めや戻る闇  /甘

 3点句。
 花火の打上げ時の花火師の句は数多くあるので、花火師同士の締めを想像して作句したもの。
 下五は珍しくあれこれ推敲したが、平凡な表現しか思いつかなかった ふらふら

 

にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
いつも応援ありがとうございます
ブログ更新の励みになっています
posted by 甘ん at 11:25 | Comment(0) | 俳句