2017年05月10日

海老句会へ出席

曇り 06:00 曇 17℃
<今朝の体重> ・64.1kg。(対前日増減 +0.1kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 0歩 5月合計 17km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,690km/8,955km(日本一周の 52%)
  北海道・根室市へ到着、厚岸町への途上。


今日は俳誌『夕凪』の支部句会「海老句会」に出席する。

海老句会は楽々園公民館で毎月第2水曜日に10:00〜12:00開催し、出句者が17名で、内出席者は常時12〜13名。
欠席者には句会後に選評がFAXで送信される。

公民館の使用料が安いので、会費は公称 1,000円/月となっていても、実際には隔月に徴収されているから、500円以下となっている。


この句会の特徴は、兼題が季語以外の一語を句に詠み込むことで、今月は「」となっている。

すでに34句の出句一覧を事前に預かっている封筒に入れて、各出句者に送付しているので、句会が始まれば すぐに各自から選句が発表される。

司会は持ち回りで、高得点の句から選句した感想を述べていくが、選句しなかった者も“採らざるの弁”をフランクに述べ合うのが、この句会のもう一つの特徴で、これが今後の作句のために大いに参考になっている。るんるん

もう一つ句会、「さつき句会」も毎月第4月曜日 10:00〜12:00に同会場で行われ、これには『夕凪』代表の飯野幸雄先生が講師として指導される。



ヒバリと一緒になって ヨシキリの元気の良い声が響きます。

DSCN3502.jpg
葭切の排気音などなんのその  甘



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 07:24 | Comment(2) | 俳句

2017年05月05日

ジャスミンを浮かべて ひとっ風呂

曇り 06:00 曇 18℃
<今朝の体重> ・64.2kg。(対前日増減 +0.4kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 4,457歩 5月合計 17km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,690km/8,955km(日本一周の 52%)
  北海道・根室市へ到着、厚岸町への途上。


今日は休足日。

昨朝のウォーキングで腹筋や腰筋トレを無理して、ちょいと腰を痛めてしまったので、歩くのは我慢だ。ふらふら


我家のジャスミンが満開。ひらめき

今朝の微風が最適だったようで、しばらく眺めていたら自分の身体から香が発しているようにも、酔ったようにも感じてきた。

茉莉花の花名であるジャスミンは、ペルシア語の「神からの贈り物」を意味し、香りの王とも呼ばれている。

以前にバラ展の世話をした時の閉会後に、不要になったのを数十輪持ち帰り、浴槽に浮かべて王者の気分になったことを思い出して、今日の一句に。わーい(嬉しい顔)

猫のアイとアローにはジャスミンは禁忌だというし、ワイフはノーサンキューというから、実際にはどうなるか。



茉莉花(まつりか or まりか)(ジャスミン 季語:夏)

maturika3872.jpg
茉莉花のひと枝浮かべ仕舞ひ風呂  甘


jasumin3878.jpg

IMG_0754.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 09:13 | Comment(0) | 俳句

2017年04月30日

惨憺たる「バーチャル句会」の結果

晴れ 06:30 快晴 13℃
<今朝の体重> ・63.8kg。(対前日増減 +0.2kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 4,359歩 4月合計 110km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,669km/8,955km(日本一周の 52%)
  北海道・根室市へ到着、厚岸町への途上。


ネット句会「バーチャル句会」の選句結果がアップされた。
この句会は兼題句会で、「陽炎、蜥蜴、ライラック」で三句提出だった。

結果は惨憺たるもの。もっと分かりやすい、素直な句を作ろう。わーい(嬉しい顔)

(◯は選句、コは感想のみ、自は自句自解)
-----------------------------------------------------------------
 陽炎ごと流れに口をつけにけり  甘
-----------------------------------------------------------------

◯ 陽炎に口から自身をひたすようなシュールさ。

コ ちょっと句意がわかりかねます。

コ 「陽炎ごと流れに口をつけ」というのがどういうことか分かりませんでした。
 辞書によれば「春の天気のよい穏やかな日に、地面から炎のような揺らめきが立ちのぼる現象」が陽炎です。流れる川の上や中にできるイメージはあまりありません。また口をつけれるような至近距離でみえるようなものでもないような……。もし間違っていたらごめんなさい。

自 名水を求めて隣町の"つゆ太郎"へ。
 (水上にも出る陽炎。水陽炎とすれば 分かりやすかったかな。)

--------------------------------------------------------------
 この勝ちは舌の長さか青蜥蜴  甘
--------------------------------------------------------------

◯ 意味は分かりませんが、この飄々とした読みぶり好きです。

コ 蜥蜴が獲物を捕らえる瞬間を目撃されたようですね。

自 オス蜥蜴は双方噛み合って雌を奪い合うとか。
 (雄同士の勝負とは取ってもらえなかったか。)
 
------------------------------------------------------------------
 追憶のロバのパン屋やリラの花  甘
------------------------------------------------------------------

コ 上5の追憶は、表現が甘い感じ。

自 札幌での思い出です。当時スマホがあったなら。
 (ロバのパン屋で狙ったが、知らない人のほうが多いか。それに、取ってつけた上五を見抜かれちゃった。)




犬を追い砂嘴の端まで四月尽

 犬ではおもしろくないので、花を追っかけてみようと、

花を追ひ砂嘴の先まで四月尽


 俳句では花=桜だから、花の香を追って、砂嘴より大きな砂洲にしてみた結果が今日の一句に。

sigatujinn3768.jpg
香を追つて砂洲の先まで四月尽  甘



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 08:23 | Comment(0) | 俳句

2017年04月20日

榠樝(かりん)の花

曇り 06:00 曇 11℃
<今朝の体重> ・64.3kg。(対前日増減 +0.2kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨夕+今朝 歩数計 7,438歩 4月合計 60km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,619km/8,955km(日本一周の 52%)
  北海道・標津町へ到着、根室市への途上。


今朝のウォーキングでは薄紅色の可憐な花 榠樝(かりん)の花が撮れたので、今日の一句にしようとしたものの、かりんの実の例句はかなりあるが、花の句は乏しい。目

花水木(ハナミズキ)と同時期に咲くが、ハナミズキが初夏のエース投手としたら、かりんは初夏へのリリーフかも。るんるん

家具の板になる「花梨」とは別物で、秋には野球のボール大の緑色の実が成る。

中高生の通学路の数本並んでいるけど、地味な花なので生徒は見向きもしないし、秋に実が落ちて「かりん酒」も作れるが、拾って帰ろうとする者もいない。

ひと冬を樹の下でごろりと過ごすの榠樝の実なのだ。




karin3413.jpg
醒めかかる宴の酔ひや花榠樝  甘


<昨日のエクササイズ>
 ・前屈などストレッチ 5分
 ・腕立て伏せ 25回 ・四股踏み 0回
 ・ひもトレ体操 5分



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 10:03 | Comment(2) | 俳句

2017年04月12日

海老句会へ出席

晴れ 06:30 晴 11℃
<今朝の体重> ・64.4kg。(対前日増減 −0.2kg 右斜め下

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 3,826歩 4月合計 29km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,588km/8,955km(日本一周の 51%)
  北海道・標津町へ到着、根室市への途上。


今朝は10:00〜12:00 楽々園公民館での>俳誌『夕凪』の支部句会「海老句会」へ出席する。るんるん

この句会では昨年から選句のための一覧表をまとめる役を担っているので、誤字・脱字には最大の注意をしなければならない。

FAXと手紙で送付された17名・34句をExcelランダム関数を使って並べ替えて、選句のための一覧表を作成して、各自の手元に郵送し終わっている。
kairo20170412.jpg


今月の兼題は「切れるもの」一句と当季雑詠一句の、計二句提出。
そろそろ用意をしなくちゃ。



h201704.jpg
風光る大口あけて二重跳び  甘



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 07:44 | Comment(7) | 俳句

2017年04月04日

亀鳴くや

06:30 晴 7℃
<今朝の体重> ・64.4kg。(対前日増減 −0.1kg )

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 7,859歩 4月合計 10km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,569km/8,955km(日本一周の 51%)
  北海道・標津町へ到着、根室市への途上。


俳句に「亀鳴く」という春の季題がある。

作句にあたっては歳時記や季寄せを開き、季語の持つ意味を調べないと、時には真反対に解釈する恐れもある。

「亀には発声器官がなく鳴けないが、雄の亀が雌を慕って鳴くという空想上の季題」。(新編「月別季寄せ」東京新聞発行 皆川盤水偏)

「『夫水集』にある「川越のをちの田中の夕闇に何ぞと聞けば亀ぞ鳴くなる(藤原為家)」によっておこった季題とされている。晩春の夜、じっと耳をすまして、なにかきこえるものが亀の鳴くのだと思うと興趣がわく」。(「俳句歳時記」平凡社発行 富安風生偏)


大沢水牛氏の『水牛歳時記』での解説が参考になった。

「亀鳴く」は旧暦二月の季語とされているから、今の暦で言えば三月から四月頃にあたるだろう。草が萌え、水は温み、御玉杓子がうじゃうじゃと湧き出る頃合いである。春眠暁を覚えずで、人間もすっかりのんびりした気分に浸る。
 
 のんびりと歩いていたら、誰かに声をかけられたような気がして、振り返ると誰もいない。おやおや空耳だったのか、それとも異次元世界からの呼びかけだったのか。何とも不思議の世界に誘われる季語である
』。

参考にはなったけど、簡単なようで最も難しい季題のひとつかもしれない。わーい(嬉しい顔)




写真はアメリカ楓の芽

kamenaku3020.jpg
亀鳴くや視力零点四の空  甘


<昨日のエクササイズ>
 ・前屈などストレッチ 10分
 ・腕立て伏せ 20回 ・四股踏み 20回
 ・ひもトレ体操 5分


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 10:10 | Comment(0) | 俳句

2017年03月28日

野遊びの彼方の夫をどう呼べば

晴れ 06:30 晴 6℃
<今朝の体重> ・64.1kg。(対前日増減 −0.4kg 右斜め下

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 5,755歩 3月合計 112km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,552km/8,955km(日本一周の 51%)
  北海道・斜里町に到着、標津町への途上。


昨日は俳誌『夕凪』の支部句会「さつき句会」(兼題「鍋」一句、当季雑詠一句提出)に出席。るんるん

今回の兼題“鍋”に苦戦して、意味不明の句のまま提出していた。

 涅槃西風割れ鍋のまま夕迎ふ  甘

”割れ鍋に閉じ蓋”を思いついた褒美に2点をいただけはしたが、“まま”で締まりのない句になった。ふらふら
下五も同様だが、
 涅槃西風割れ鍋を閉じ夕迎ふ  のほうがマシかもしれない。


 もう一句は <今日の一句>で、この句には6点いただけた。わーい(嬉しい顔)


noasobi2447.jpg
野遊びの彼方の夫(つま)をどう呼べば   甘


<昨日のエクササイズ>
 ・前屈などストレッチ 10分
 ・腕立て伏せ 0回 ・四股踏み 20回
 ・ひもトレ体操 5分


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 09:22 | Comment(4) | 俳句

2017年03月23日

風速をこぶしの花に聞いてゐる

曇り 06:30 曇 6℃
<今朝の体重> ・64.3kg。(対前日増減 +0.2kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 4,582歩 3月合計 88km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,528km/8,955km(日本一周の 51%)
  北海道・斜里町に到着、標津町への途上。


辛夷(こぶし)の花がやっと揃ってきた。ひらめき

最初に辛夷を見たのは丹波の旅館の近くで、ひっそりと地味に咲く花が印象深く残っていた。

近くに公園ができて4本の辛夷が植えられて以来15年、春になると咲きそろうのを楽しみにしてきた。

しかし、2、3年前から徐々に元気がなくなってきて、辛うじて一本だけが風に羽ばたける状態になり、他の一本は蕾が硬く、二本は芽も出ていない。がく〜(落胆した顔)

 辛夷の花の付け根には葉があるけど、木蓮(もくれん)にはない。
 辛夷は四方八方を向いて咲くけど、木蓮は上を向いて咲く。

秋には拳(こぶし)のような赤い実をつけるが、その赤は既に花の中に秘めている。ぴかぴか(新しい)



  風速をこぶしの花に聞いてゐる  甘

    “風速”を生かして推敲の余地あり^^;

kobusi2865.jpg
風速は端の辛夷が知つてゐる   甘


kobushi2864.jpg



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 09:58 | Comment(3) | 俳句

2017年03月18日

どこまで続くか一日一句

晴れ 06:30 晴 3℃
<今朝の体重> ・64.6kg。(対前日増減 −0.1kg 右斜め下

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 6,882歩 3月合計 73km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,513km/8,955km(日本一周の 50%)
  北海道・斜里町に到着、標津町への途上。


一日一句を目指して、年始からアップし続けて来ることができている。ぴかぴか(新しい)

著名な俳人の誰もが勧めるのは、俳句の上達のためには「多くの作句と秀句の多読」。

わかっちゃいるけど句会提出用の作句しかできなかったのが、今までだった。眠い(睡眠)

となると、強制的に多作をするシステムを作らなくてはと、『バーチャル日本一周』と同様に、ブログへの一日一句のアップを思いついたから。

「句会に出せるような推敲を重ねた句をアップしなければ恥ずかしい」と思う気持ちを捨て去るには、少しばかり日にちが掛かったけど、
「このブログは どん足“日記”なのだから」と割り切ることにした。るんるん


ウォーキング時の写真をヒントに作句する日もあれば、『月別季寄せ』を眺めながら句になりそうな季語を選んで作句する日もある。

1分以内でフレーズが浮かぶときもあれば、何時間かかっても思いつかないこともある。ふらふら

ブログランキングに参加されて、何年も句をアップしておられる方々を超人とも思えてくる。目

ともあれ、思いつかない時には過去に作った句でお茶を濁しながら、なんとか続けていくとしよう。

 

kisuisen2789.jpg
黄水仙花壇守るはどなたやら   甘


<昨日のエクササイズ>
 ・前屈などストレッチ 0分
 ・腕立て伏せ 20回 ・四股踏み 0回
 ・ひもトレ体操 5分



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 09:54 | Comment(2) | 俳句

2017年02月28日

俳句は作者を離れてからは読み手のもの

06:30 快晴 1℃
<今朝の体重> ・64.5kg。(対前日増減 −0.1kg 右斜め下

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 8,732歩 2月合計 110km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,440km/8,955km(日本一周の 49%)
  北海道・紋別市を経て、網走市への途上。


 「俳句は作者を離れてからは読み手のもの」と言われる。

昨日の「さつき句会」はまさに言葉どおりだった。


昨日の兼題は“重”。“重”の一字を折り込んだ句を二句提出だった。
 
 14名がそれぞれ選句した5句を読み上げていく。
 
驚いたことに、昨日の記事で「今 読み返してみたら、駄作としか言いようがない」と、提出したのを悔やんだ句、
 
 開け放つ二重窓からどつと春  甘  が、
 
次々と読み上げられてゆき、何と8名から選句され最高点句となった。目

寒冷地しかないような「二重窓」を、ペアガラスと読み取ってもらえての選句が多かったからだ。
 
 
さて、孫娘が風邪のたびに片方だけ二重まぶたになるのを詠んで、2〜3点句にはなるだろうと思っていた、
 
 かたつぽは二重まぶたに春の風邪  甘 はというと、

やっと、お一人に拾ってもらえた。ふらふら

 これだから 俳句は面白いのだ、ということにしておこう。わーい(嬉しい顔)

 


写真は春の七草の一つ、ハコベ(はこべら)の一種、コハコベ(小繁縷)の群生
 
nigatu2407.jpg
産廃の埋立てをはる二月尽   甘



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます


posted by 甘ん at 09:04 | Comment(2) | 俳句