2022年05月20日

忍冬と森の小人

曇り 曇 17℃ (最高気温予想 23℃ )
 《今朝の体重 65.2kg (対前日 ー0.4kg 右斜め下

 昨日の午後はワイフと筋トレとストレッチにへ。行くのを渋っていたワイフも一旦 エアロバイクを漕ぎ始めたら、調子に乗って速度ばかりを上げていく。
 32.5kgの骨と皮だけの身体だが、60代での水泳やジョグで蓄えた筋肉がわずかに残っているのだろう。  
 
         
忍冬(すひかづら):夏の季語。傍題;忍冬(にんどう)、吸葛(すひかづら)
  山野に自生、葉のつけ根に白または淡紅色の花を開く。
 
 
姫君を隠しゐるごと忍冬  甘



忍冬の花を見ると、なぜか童謡「森の小人」が浮かんでくるのだが。
DSCN9731.jpg





 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 10:39 | Comment(2) | 俳句

2022年05月19日

アマリリス

晴れ 晴 14℃ (最高気温予想 27℃ )
 《今朝の体重 65.6kg (対前日 ±0.0kg )

 一昨日は井口の「アルパーク」へ買物、昨日は広島市民病院への通院で、ワイフの歩数は4,919歩、6,322歩となった。帰宅してからも気力は衰えず、体力が かなりの回復したようで嬉しい。
  
          
アマリリス:夏の季語。
  南アフリカ原産の園芸種で、赤・白・絞りなどの百合に似た花。。
 
楽譜での記憶のありぬアマリリス  甘


 堅すぎるような・・

覚えある楽譜のひとつアマリリス  甘



ご近所さんの径20センチもあるアマリリス
amaririsu220518.jpg 





 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 07:33 | Comment(4) | 俳句

2022年05月18日

捩花

晴れ 晴 13℃ (最高気温予想 26℃ )
 《今朝の体重 65.6kg (対前日 ー0.4kg 右斜め下

 昨日はワイフとアルパークの東棟へ。「ユニクロ」でフリースのような濃紺のシャツを購入。ワイフのも探したけど、気にいるのがなかった。やはりMaさんの店でしか無理かもしれない。
 これから受診に行く広島市民病院の帰りに、Maさんの店に寄ってみようか。
  
          
捩花:夏の季語。傍題; 文字摺草、もじすり
  草原に自生、桃色の小花を螺旋状に咲かせる。
 
 
捩花や地雷探しはこんなふう  甘





 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 09:50 | Comment(2) | 俳句

2022年05月17日

夏燕

晴れ 晴 14℃ (最高気温予想 24℃ )
 《今朝の体重 66.0kg (対前日  +0.2kg 右斜め下


 循環器内科の医師から、血圧値を落とすように言われている。そこで、一昨日から「ゆめタウン」の紀伊國屋書店で買った、仰々しいタイトルの『自分史上 最高の柔軟性が手に入るストレッチ』(村山 巧著)を開きながら、ストレッチを始めている。今までに買ったストレッチ関連本は10冊を超えるだろう わーい(嬉しい顔)
 
 アマゾンの Kindle Unlimited 電子版で 0円でも読めるが、押さえずとも開いたままになる製本がなされているので、本を見ながら確実なストレッチをしていけそうだ。
 
          
夏燕(なつつばめ):夏の季語。傍題;夏の燕
  繁殖期の燕で、活発に昆虫を捕らえて巣へ運ぶ。
     
丸太組の納屋は筒抜け夏つばめ  甘



オオアマナ(大甘菜 ベツレヘムの星)
ooamana220516.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 11:37 | Comment(7) | 俳句

2022年05月16日

玉葱

晴れ 晴 14℃ (最高気温予想 21℃ )
 《今朝の体重 65.8kg (対前日 ー0.3kg 右斜め下

 ママさんの運転で hono、ワイフ、自分の4人で隣市の「ゆめタウン」へ買物へ。honoはシールのような細々したものを買い込み、来なかった姉の kuuには2000円の図書カードがあったので、「マスカレード・ゲーム」(東野圭吾著)を買ってやった。
 
 食品売場で夕食等を買い終え、レジを出たところに「kahon」シフォンケーキのコーナーに気づいた。去年、macoの備忘録 今日もマイペースさんのブログに紹介されていた噂のシフォンケーキのようなので我が家用に6個購入。帰宅してさっそく口にしてみると、噂どおり甘すぎず、 ” しっとり ふわふわ ” で、もう一個欲しくなったが、夕食が食べられなくなっては元も子もないので断念。
 
         
玉葱:夏の季語。
  ペルシャ原産の洋菜で、鱗茎を食用にする。
 
  一週間前、近所に5m四方の玉葱畑があり、すべての玉葱の葉が倒されていたので驚いた。
  調べてみると、葉をねじり折ったり踏みつけたりする踏みつけて、植物ホルモンや養分の移動に変化を起こし,生育の促進につなげるという育成法のようだ。
 
  これを句にしようとしたが、一般的でない育成法なので17字で収めるのは諦めた。代わりに、今は売地の看板が立った畑で、一昨年五月に おばあさんに玉葱をもらったときのことを合成して詠んでみた。
   
 
玉葱をもらふ売地のロープ越し  甘


 情景が浮かび辛い。
    玉葱もらふ土地を手放す予定とか  甘


tamanegi220515.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 07:25 | Comment(6) | 俳句