2012年11月11日

一転受け付け…北京マラソン

雨 06:00 雨、12度c

<今朝の体重>
 ・起床直後 65.5kg。(対前日増減 −0.2kg バッド(下向き矢印)

<エクササイズ>
 ・つま先たたき 400回 ・スクワット 30回 ・ゆる体操 30分
 
夜半からの雨。広島ビッグアーチの紅葉を見ながら走る予定だったが断念。

仕方がない、kuuのお買い物ごっことhonoを抱いてスクワットで鍛えよう。わーい(嬉しい顔)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 読売新聞によると、25日に北京で開催される北京国際マラソンで、主催者の中国陸上競技協会が日本人の参加をいったんは排除。
 北京の日本大使館が「日本人も受け入れるべきだ」と抗議をしたなどから、10日深夜から受け付けを始めたそうだ。

 孔孟の国が なんとも ケ○の穴の小さな国になったことよ。

もっとも、共同通信によれば「中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」には10日、日本国籍のランナー排除について「(中国は)国際社会で大恥をかいた」「対日外交をさらに混乱させるようなことをするな」といった批判のほか、「撮影機材は全て日本製なのだから(マラソンの)生中継もやめろ」との皮肉も書き込まれた」というから、国民の中に良識は残っている。ぴかぴか(新しい)

排除した日本人、一転受け付け…北京マラソン
【2012.11.11 読売新聞】

北京では9月に日本政府の尖閣諸島国有化に対する大規模な抗議デモが発生しており、関係者によると主催者側は当初、「安全上」の措置だと説明していた。同協会の沈純徳副主席は中国メディアの取材に対し、「北京マラソンは一貫して開放的に各国・地域の参加を歓迎しており、日本人選手の参加を拒否したことはない」と話しているが、ネットでは「国際大会にもかかわらず、非常に狭い了見だ」などの批判が出ている。

 北京マラソンに参加するには公式ホームページからの登録が必要。8日に登録が始まったが、国籍を選択する欄に「日本」の国名はなく、日本人の登録が出来なくなっていた
」。

   pekin.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
posted by 甘ん at 09:16 | Comment(0) | ジョギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。