2011年11月03日

太る体質は幸運だと思おうか

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.9kg。(対前日増減 −0.3kg バッド(下向き矢印)

<今朝のウォーキング>
 ・ラジオ体操を含め 45分 ( 2.5km )

 曇り 05:15 曇り、17度c。いつもの3人でラジオ体操第一、第二とウォーキングへ。るんるん
 
 ここ1ヶ月というもの、体重が65kgに張りついて動こうとしない。5年前には75kgだったのが10kgも減ってBMIの標準体重にピタリなのだから、通常なら大満足してしかるべきなのだろう。

 しかし、今春には63kg台をキープしていた身には、ずいぶん重たくなった感じがして体重計の数字がうとましい。

 月に300km走るという村上春樹さんは こう表している。


 『太りやすい体質に生まれたことは、かえって幸運だったのかもしれない。つまり僕の場合、体重を増やさないためには、毎日ハードに運動をし、食事に留意し、節制しなくてはならない。しんどい人生だ。しかしそのような努力を怠りなく続けていると、代謝が高い水準で保たれ、結果的に身体は健康になり、頑丈になっていく。老化もある程度は軽減されるだろう』

『むしろ天から与えられた幸運なのだと、ポジティブな方向に考えるべきではないだろうか。赤信号が見えやすいだけラッキーなのだと。まあ、なかなかそんな風には思えないですけどね』


  村上春樹
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 07:08 | Comment(0) | ジョギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。