2011年11月02日

走りながら考えることは?

<今日の体重>
 今朝の起床直後 65.2kg。(対前日増減 +0.3kg グッド(上向き矢印)

<今朝のウォーキング&ジョギング>
 ・ラジオ体操を含め 45分 ( 2.5km )
 ・ジョギング 1時間07分46秒 (11.0km)

 曇り 05:15 曇り、16度c。いつもの3人でのラジオ体操とウォーキングの後、るんるんバナナ半個を補給して10kmの朝ランへ。
 バナナのエネルギーが30分後から効きはじめたのか、わーい(嬉しい顔)5kmを過ぎてから足取りに力強さが出たきた。モバQ

距離 ペース 距離 ペース
  1 6:27   6 6:07
  2 6:15   7 6:06
  3 6:11   8 6:17
  4 6:15   9 5:59
  5 6:12   10 5:57
        11 5:58
---------------------------------------
    6:16     6:05

 T 01:07:46   6:09  805kcal
Garminのデータ


 いつも走り始めたとたん、生活上の雑念は完全にどこかへ飛んでいって自然に走りに集中している。最近は2kmを過ぎたころから呼吸が次第に おだやかになり、5kmあたりから座禅の境地というと大げさだけど、自分と周辺が一体になっている感じが生まれてくる。ぴかぴか(新しい)

 自分では言い表せない感じを村上春樹さんの文が救ってくれる。
 
 『僕は走りながら、ただ走っている。僕は原則的には空白の中を走っている。逆の言い方をすれば、空白を獲得するために走っている、ということかもしれない』

 『走っているときに頭に浮かぶ考えは、空の雲に似ている。いろんな形の、いろんな大きさの雲。それらはやってきて、過ぎ去っていく。でも空はあくまで空のままだ。雲はただの過客(ゲスト)に過ぎない。それは通り過ぎて消えていくものだ。そして空だけが残る。空とは、存在すると同時に存在しないものだ。実体であると同時に実体ではないものだ。僕らはそのような茫漠とした容物(いれもの)の存在する様子を、ただあるがままに受け入れ、呑み込んでいくしかない』


  村上春樹著
  「走ることについて語るときに僕の語ること」から


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
タグ:朝ラン
posted by 甘ん at 09:54 | Comment(0) | ジョギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。