2011年10月16日

箱根駅伝予選会を観て

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.0kg。(対前日増減 −0.5kg バッド(下向き矢印)

<昨夕のジョギング>
  ・34分48秒 ( 5.0km )355kcal

 晴れ 07:00起き、晴れ、19度c。早朝ウォーキングも休日。
 
 昨夕のジョギングはワイフが乗り気になったので、二人で八幡川沿いを走った。モバQ

 3.5kmまでは 7'30"/kmのワイフのペースで、後半の1.5kmは 5'45"/kmペースで単独で走った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 箱根駅伝予選会での出場権獲得をめぐる熱い戦い。

 予選通過ラインの9位を境とする、学生たちの歓喜と悲嘆の涙を今年も見た。パンチ

yosen1.jpg

 先ずは、今年正月の箱根駅伝で僅か3秒差でシード権を逃した城西大学。負傷者が多い中で手堅く予選を勝ち抜いた。本戦でのベストメンバーでの活躍を期待したい。

 ところで、その本戦でのアンカーで泣き崩れた甲岡昌吾くんだが、愛媛銀行の駅伝部で頑張っているようだ。わーい(嬉しい顔)

 レース順位は9位と健闘した専修大学。インカレポイント(関東学生対校選手権の成績)が少なく、順天堂大学に その位置を明け渡した。


 日本大学が落ちるとは思っていなかった。

 9位に滑り込んだ順天堂大学との差は、44秒差。故障をおして走った凖エースの堂本尚寛が何と68位。
 それに 10kmを過ぎて、エースのベンジャミンがトップ争いから脱落してしまったのが、大きい。
 身体の揺れが大きく、肩に力が入り過ぎのフォームに感じた。いつもの彼なら、44秒差を稼ぐなど、朝メシ前であったろうに。
 

 花田監督率いる上武大学の活躍が目立った。

 飛び抜けた選手はいないが、粒ぞろいで100位以内に10名全員が入っている。この10人の中には、1年生が3人。
 監督を慕って高校から好選手が入学してくるようになったのだろう。

箱根駅伝公式サイト


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 09:48 | Comment(2) | マラソン大会
この記事へのコメント
上武大、箱根駅伝出場へ。
東京の大学だけかと思っていた箱根に、上武大が出るようになって身近になりました。
今年は、予選トップと言うことで地元紙でも大きく報じられていました。

(歴史があり)各界に多くの人材を輩出している、
法政、日大、専修、亜細亜大が出場できると、大会も盛り上がると思うのですが。

なにはともあれ、上武大の活躍は楽しみです。
Posted by 上総 at 2011年10月16日 17:05
上総さん、

 今度は11月6日(日)の全日本大学駅伝に、
上武大学も初出場しますから、これらの経験によって、
地力をつけるでしょうね。楽しみです。
Posted by aman at 2011年10月17日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。