2011年07月20日

女子サッカー界の現状を知る

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.9kg。(対前日増減 +0.2kg グッド(上向き矢印) )

<昨日のエクササイズ>
 ・スロトレ2種(スクワット、腕立て)15回×1セットパンチ
 ・ストレッチ15分

<今朝のウォーキング>
 ・40分 ( 2.5km ) + ラジオ体操
 ・30mダッシュ × 3本

 曇り 05:00 曇り、27度c、風速9m。

 台風の名残の突風があるので、今朝のウォーキングは中止かと思っていたら、K夫人からワイフへ、「ただいま支度中」と、やる気満々のメールがあり、慌ててウォーキングの準備に入った。わーい(嬉しい顔)
 
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「DIAMOND online」で、スポーツライターの相沢光一氏が、
女子サッカー界の現状を詳しく紹介している。

  なでしこジャパンはいかにして
  決して恵まれているとは言えない環境から
  W杯優勝をつかみ取ったのか



 競技人口 167万人といわれる女子サッカー大国アメリカ。むかっ(怒り)
 これに対し、日本サッカー協会に登録している女子の競技者数は 2万5000人。


「高校の部活動。全国高等学校体育連盟(高体連)の平成22年度の資料によれば、

女子の競技で最も部員数が多いのはバスケットボールだ。加盟校数は4064校で競技登録者数(部員数)は6万2598人である。

2位はバレーボールで6万1575人。以下、バドミントン、ソフトテニス、硬式テニス、陸上競技、弓道、ソフトボール、卓球、剣道、ハンドボール、競泳と続き、サッカーは13番目。

加盟校が627校で部員数は8421人に過ぎない(男子は加盟4185、部員数14万8764人)」。

日本女子サッカーリーグ 公式サイト


 プロ契約している選手でも年俸は300〜400万円程度という、層の薄い日本女子サッカーが世界を制覇したのだから、凄い!としか言いようがない。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by 甘ん at 08:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーキング
この記事へのコメント
こんにちは
先日の決勝戦見てました。
凄かったですね。感激しました。

なでしこリーグはJリーグに比べると、開催場所等も恵まれていません。

31日のレディースホームゲームは、埼玉スタジアムの第二グランドを使うんですよ。

レッズトップ選手は恵まれていますねぇ〜
Posted by 浦和のいたち at 2011年07月20日 12:39
浦和のいたちさん、

 ほんとうに 凄かったですね。

 ところで、レッズはそろそろ低空飛行を脱しますかね?(--)

 我がサンフレッチェはバテバテのようです。(T_T)
Posted by aman at 2011年07月21日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46850727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック