2011年03月03日

3000回出演、クローズアップ現代の国谷キャスター

<今日の体重>
 今朝の起床直後 64.1kg。(前日比 −0.3kg バッド(下向き矢印) )
<昨日のエクササイズ>
 スロトレ3種(スクワット、腹筋、腕立て)12回×1セットパンチ
<昨夕のジョギング>
  12分24秒 ( 2.0km ) モバQ

 薄着とノー手袋で外に飛び出したのはいいのだが、風と寒さが想定外で、5kmを予定していたものの、2kmで退散。ダッシュ(走り出すさま)

<今朝のウォーキング>

 晴れ 06:00 晴れ、1.5度cでの40分ウォーキング。るんるん
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 今朝の中国新聞には、1993年放送開始以来、3,000回を超えたクローズアップ現代キャスター、国谷裕子(くにやひろこ(54))さんが紹介されていた。

 国谷さんは NHKの管理職だとばかり思って見てきたが、平成5年4月の番組開始から、今もフリーの立場で携わっているそうだ。


キャスター・国谷裕子さん フリーだから等しい距離で
【産経ニュース 2011.2.27】




 各分野の専門家をゲストに招き、知的な雰囲気と平易な言葉でテンポよく番組を進行。「フリーだからこそ、誰とでも等しい距離で接することができる。一つ一つ積み重ねてきた日々を思うとあっという間。3千回という実感はありません」とにこやかに語る。

 大阪市生まれ。香港や米国で育ち、米ブラウン大を卒業後、外資系メーカーに就職。商品の販売戦略を担当したが「やりがいを感じられず、1年弱で辞めました」。

 その後、バックパックを背負って80日間海外を旅したが、やりたいことが見つからずに帰国した。

 知人の紹介で昭和56年、NHKニュースの英語の同時通訳を務めたのを機に、報道の世界へ。
 最も心に残るのは、平成7年の阪神大震災。大災害の現場を初めて訪れ「あまりの被害の深刻さに泣いてしまいました」と振り返る。

 今の関心テーマは3つ。中東情勢を注視する一方、女性の社会的地位にも思いを寄せる。「日本の活性化のため、制度や仕組みを具体的に提示したい」

 放送を終え帰宅すると、気持ちを静めるため「ゆっくりお風呂に入ります」。前夜の番組を見ながら取る朝食は「フルーツとヨーグルトを欠かさない」という。趣味はランニング。東京都内で夫と暮らす。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
10番目前後にいます。応援 ありがとうございます。m(_._)m
posted by 甘ん at 09:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新聞記事から
この記事へのコメント
おお〜趣味がランニングなんですね!

クローズアップ現代を見ていて
どのような人なのかなぁと気になって
いました。

やはり、すごい経歴ですね^^


Posted by ナナ at 2011年03月04日 00:47
ナナさん、

 7時のNHKニュースの後、ほとんど この番組を観てきたのに、
今まで国谷さんの経歴を知りませんでした。

 時々、疲れが顔に表れていることがありますから、企画から収録までの激務が分かるような気がします。^^
Posted by aman at 2011年03月04日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43658874
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック