2011年02月14日

火の呼吸法

<今日の体重>
 今朝の起床直後 63.7kg。(前日比 +0.2kg グッド(上向き矢印) )

<昨日のエクササイズ>
 スロトレ3種(スクワット、腹筋、腕立て)12回×0セット
<昨夕のジョギング>
  43分02秒( 7.0km )モバQ

 なぎさ公園の周回コースで、インターバル走の真似事をしてみた。
 900mを6'30"/km、800mを5'40"/kmのペースで4周。
 
<今朝のウォーキング>
 
 曇り 06:00 曇り、2度c。いつもの3人で40分ウォーキング。グッド(上向き矢印) 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 「火の呼吸法」という、クンダリーニ・ヨーガ発の独特な呼吸法を目にした。

  1分間に60〜180回の早い腹式呼吸を行うことで 腹部のインナーマッスルが鍛えられて 腹部を引き締めたり、肺、粘膜、血管と細胞に溜まった老廃物や毒物を排出し体内を浄化するなどの効用があるという。

「火の呼吸」は効率的な有酸素運動となり 3分間の火の呼吸はウォーキング30分の消費カロリーに匹敵するそうだが、これは どうだか分からない。

 まあ、ランニングのマイナスにはならないだろうから、空腹時に無理をしないでやってみよう。



 あぐらをかいて、背すじを伸ばして座ります。

 腕、おなか、肩、胸を中心に上半身はリラックスさせるのがポイント。

 おなかをふくらませるように意識をしながら、鼻から息を吸い込みます。
 次におなかを背骨のほうへ引っ込めるように、鼻から息を勢いよく吐き出します。

 このときおなかの奥からできるだけ多くの息を吐き出すように意識して。そして、次におなかの力をゆるめると、自然に肺に空気が入ってきます。

 これを交互にくり返して。はじめは1分間に60回のペースで行い、なれてきたらペースを早めて、120回を目標にしましょう!

<注意点>
 ・火の呼吸をするときは上半身の緊張を解くこと。

 ・息を吸うときに腹部や胸などが力んでいると、呼吸が浅くなって、 酸欠状態で頭がフラフラしてきたり、わき腹に痛みを感じることがある。 その時はゆっくりと深呼吸する。

 ・生理中、妊娠中、そして出産後半年間は避ける


<参考ブログ>
kurasse
Bi-style


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
10番目前後にいます。応援 ありがとうございます。m(_._)m
タグ:火の呼吸法
posted by 甘ん at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43409445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック