2011年02月12日

大食いタレントは摂食障害?(記事から)

<今日の体重>
 今朝の起床直後 62.8kg。(前日比 −1.0kg バッド(下向き矢印) )

 ドーンと マイナス1kg! バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)原因不明。

<昨日のエクササイズ>
 スロトレ3種(スクワット、腹筋、腕立て)12回×0セットふらふら

<今朝のウォーキング>
 
 雪雨 06:00 3度c。今朝も雪はなく、玄関を出たところで雨に気づき、ウォーキングは断念。

<昨夕のジョギング>
 34分59秒( 5.0km )

 ワイフの7分/kmペースや、まさに驚異的! モバQ
新八幡橋を渡る定番コースを、 6'59"/km のペースで 5.01 km を走った。
[http://go.nike.com/21fvdrr]

 どこかで、7分/kmのペースメーカーが必要なレースがあれば、貸し出しましょう。わーい(嬉しい顔)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 最近、TVの大食い番組を見かけることがなくなった。レストラン
世界的な食糧危機を報じるTV局が自粛しているのかもしれない。あるいは、安直なグルメ番組をスルーしているからかもしれない。

 
大食いタレントは摂食障害? 「本当は食後に激しく嘔吐している」
J castニュース 2011/2/11

テレビの大食い選手権に出場した30代の元フードファイター女性が、自らも含め選手の多くが食後に嘔吐していることをブログで明かしている。この女性は、過食嘔吐という摂食障害で施設入所しており、専門家もトップ選手のほとんどにその疑いがあるとしている。
この女性は、大食いと言いながらも摂食障害であることを2010年11月にブログで初めて告白した。

元フードファイター「太らないはウソ」

障害を克服するために2011年1月から施設に入所しているといい、ブログもその時点で無期限休止に入った。告白に対し、批判はあるものの、2月に入っても応援コメントが多数寄せられ、100件ほどに達している。

女性はブログで、「食べても太らない」と言っていたのはウソだと明かした。実際は、食後に激しく嘔吐していたから、やせていたという。そして、大食い選手すべてとは言えないが、実際にその場にいた選手の多くが食後に吐いていたというのだ。

自らは摂食障害の病気だといい、食事1回でなんと2、3時間も食べ続けていた。嘔吐ばかりでなく、便通もひどかった。1日でバナナにして2、3本、多いときは5、6本分もあった。食べたものがほとんど消化されない下痢状態のときもあったという。

大食い選手権のフードファイターらも、この女性と同じ病気だったのだろうか。

政策研究大学院大学の鈴木眞理教授(内分泌学)は、その可能性が極めて高いとみる。

「選手権をテレビで見ていたとき、最後に残った女性5人は、ほとんどがやせていました。足も骨皮状態の人が多かったです。これは、ほとんど全員が摂食障害だと思います。食べて普通に消化されれば、ほぼ間違いなく太りますからね。予選で落ちましたが、実際に摂食障害の患者さんも出ていたんですよ」


嘔吐うやむやにするテレビ番組に疑問

ただ、全員がそうかというと、鈴木眞理教授は、必ずしも断定はできないとする。
「代謝が極めてよい家系に生まれるという、先天的なものの可能性はあります。食べても太らずに、すべて熱にして発散してしまう遺伝子を持っているということです。いわゆる『やせの大食い』と呼ばれているものですね」
ただ、それも何万人に1人というレベルで、骨皮状態にまでやせていることは考えにくいという。
(以下略)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
10番目前後にいます。応援 ありがとうございます。m(_._)m
posted by 甘ん at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43381182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック