2011年01月07日

トイレの「おつり」は、いりませぬ

<今日の体重>
今朝の起床直後 63.2kg。(前日比 −0.1kg バッド(下向き矢印) )


<昨日のエクササイズ>
 スロトレ3種(スクワット、腹筋、腕立て)12回×1セット

<昨夕のジョギング 31分49秒( 5.0km )>

 6'22"/kmペースで新八幡橋を渡り、川沿いを往復してなぎさ公園に戻る5kmコースを走った。 モバQ

 ”ガラスの ふくら脛”は どうやら完治したようだ。わーい(嬉しい顔)
 土日には、10kmをスロージョグしてみよう。

<今朝のウォーキング 40分>

 曇り 曇り、2度c。ラジオ体操で見上がると、雲間から金星が時々顔を出していた。トイレ


 寛平さんが 12日(水)16:45 に府中町の広島バルト11のトークイベントに出演する予定。
 午前中に旧国道が走るコースになっていれば、応援できるかもしれない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 汲み取り式便所時代には、恐れおののいていた「おつり」。

 汲み取り直後には、新聞紙を落として用を足したものだ。

 それが、水洗式和式トイレ時代に入り消えてくれて、文化生活のありがたみを実感したものだ。

 ところが、洋式トイレになったら 時々ではあるが、不快感は和らいだものの、また あの「おつり」が復活したのだ。


 「節水、温水、便座、自動ばかりに目を向け、簡単な”おつり”の不快感を取り除くこともできないとは、

 トイレ メーカーの研究者たちは、バカばっかりか!」ちっ(怒った顔)
 

 「トイレ」「おつり」でGoogle検索すると、172,000件ヒットした。わーい(嬉しい顔)

 σ(^^)だけではなかった。
 みなさん、不快な思いをしておられるのだ。わーい(嬉しい顔)

 そして、トイレットペーパーを便器に敷くなりして、いろいろ工夫をされている。

 メーカーは何故 こんな簡単なことが解決できないのだろう?


 足利裕人先生(鳥取県立高校教諭(物理)による、手軽な楽しい実験が100以上紹介されている、ashiさんの部屋を覗くと、

トイレの おつりの避けられない原因が説明されていた。

 物体を落とした高さより水がずっと高く跳ね上がるのは、
運動量保存の法則”で説明できるのだそうだ。


 「運動量というのは質量と速度の積です。質量Mの物体がVで運動すると、運動量はMVになります。この運動量は保存(時間とともに変わらない)されるため、質量mの物体にこの運動量のすべて、または一部が与えられると、m<Mのとき,mの速さvはVより大きくなることができます」。

 「 したがって,トイレでの大きな落下物の小さなしぶきは,速くなって高く飛び上がることができるのです」。


風呂場で陶器のNKOでの落下・跳ね返り実験をされている。わーい(嬉しい顔)



 なるほど、なるほど。

 「なぜ こんなに高く跳ね返るのだろう?」という、子供の頃の疑問が、この歳になって やっと氷解したのであった。わーい(嬉しい顔) 
 「落とし紙」は まだまだ死語にはならないだろう。


 日経TRENDY NETでは、タンクレス便器の「おつり」のメーカー比較をやっている。

 今度 便器を変える時には、メジャーを持ってショールーム巡りをしよう。パンチ


 それまでは 今まで通り、「おつり」の予感のするときには、便座の前の方に座って第一弾を落とすとしよう。わーい(嬉しい顔)

 前側は便器の斜面が弾を滑らせて、質量を削いでくれるのかもしれない。るんるん


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村
10番目前後にいます。応援 ありがとうございます。m(_._)m
posted by 甘ん at 07:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ジョギング
この記事へのコメント
明日夕方、
山口県下松のムービックスでも
記録映画と寛平さんのトークショーが予定されています。
友人にチケットをゲットしてもらえたので、行きます〜♪

でも、
どこをいつ走り抜けられるのかな?
近くを走られる所を応援したいですね。
2年間、途中でガン治療まで!
スゴイ人ですねぇ〜
Posted by みかん at 2011年01月07日 21:12
トークショウ、ゲットですか。
ラッキーですね。

今朝は下関をスタートして、2号線を東へ向かっておられるのでしょうが、走行ルートは非公開だそうです。

同じく 凄い精神力に感嘆しています。
Posted by 甘ん at 2011年01月08日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42423732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック