2010年10月04日

身体の歪みを緩和する「割り箸法」

<今日の体重>
 今朝の起床直後 66.3kg。(前日比 −0.2kg バッド(下向き矢印) )


 ジョギングを2日続けた効果だろうから、このまま下がるとは思えない。あまり期待しないでおこう。わーい(嬉しい顔)

<昨夕のジョギング 0分( 0.0km )>

<今朝のウォーキング 40分

 曇り 05:10 曇天、気温は19度cと温かだったので、半袖でウォーキング。トイレ

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 一昨日からの姿勢の矯正に絡み、広島の歯科医のサイト、噛み合わせ治療も閲覧してみると、

 体の歪みを緩和し肉体的精神的にリラックスさせる「割り箸法」を紹介されていた。るんるん


@ まず硬い床や畳の上に大の字になります。

A クッキングタイマーで時間が測れるように準備します。(切り上げ時間を知るため)

B 軸足側(ボールを遠くに蹴る時に使う足の反対の方)に割り箸の太い方を向けて、軽く口を開け割り箸を乗っけます。(※1)

 はじめは15分くらいから慣れてきたら、徐々に 30分くらいそのままで仰向けの状態でじっとしてみてください。

割り箸法


C 時間がきたら今度は箸を軽く咬んで体を起こします。

 手足がだるくなったり、あちこちに汗が出ることがありますが熟睡した後のように気分がよくなります。

D まれに体の緊張がひどい場合は気分が悪くなったりすることがありますので、その時は早めに切り上げてください。毎日少しずつ時間を長くして続けてみてください。

E 慣れてきたら就寝するときも使ってみてください。
  割り箸の長さだと飲み込んだり
     しませんので安全です。

F 首が曲がらないよう厚めのタオルを枕代わりにしてください。


G 割り箸効果は10日ほどで自覚されるようになります。是非お試しを!!


(※1) 口をポカンと半開きにして、半分に割った割り箸を口角に乗せてください。要は割り箸を横にくわえる様な状態だが、くわえずに軽く口角に乗せておく。絶対に歯で噛んではいけません。噛みあわせが深くてどうしても楽に乗せておけないなら、割り箸なしでただポカンと開けたままでも良いです。


割り箸テストも参考になった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ応援 ありがとうございます。m(_._)m
posted by 甘ん at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41092655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック