2010年08月04日

ネットで個人情報の追跡ビジネスが急成長

<今日の体重>
 今朝の起床直後 67.1kg。(前日比 −0.2kg )
<エクササイズ>
 今朝のウォーキング  40分
 昨夕のウォーキング  60分。


 
 晴れ 晴れ、微風。 

 昨日のこのブログ記事、"江川紹子V.S.張本勲"へのアクセスが、いつもの3倍近くになっていたのには驚いた。わーい(嬉しい顔)

 05:10 ウォーキングトイレのスタート。
 
 今朝はデジカメを持って出たが、東の空は雲が厚く、真紅やオレンジの日の出のチャンスはなかった。ふらふら

ボートが荒立てた波と瀬戸の島。
seto20100804.jpg

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


日本でも当然のことながら、行われているのだろう。

インターネットで個人情報の追跡ビジネスが急成長
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2010.8.2 20:30JST】


本紙(WSJ)が独自に調査を行った結果、インターネットで最も急速に成長しているビジネスのひとつが、インターネット・ユーザーのスパイ事業であることが判明した。

 本紙は、企業がインターネット上で使う「クッキー」や、そのほかの監視テクノロジーを評価・分析する包括的な調査を実施した。その結果、消費者の追跡は一般に認識されているよりもはるかに広範囲かつ徹底的に行われていることが明らかになった。具体的には、以下の点が確認された。

・ 米国の上位50のウェブサイトが平均して64の追跡テクノロジーを、訪問者のコンピュータにインストールしている。ほとんどの場合、警告は行われていない。

・ 追跡テクノロジーは、以前よりも高機能化し、深く入り込むようになっている。これまでモニター行為には、ユーザーが訪問したウェブサイトを記録する「クッキー」ファイルが使用されることがほとんどだった。
 
 本紙の調査によって、ウェブページ上でのユーザーの行動をリアルタイムでスキャンし、アクセス場所、所得、買い物の嗜好、さらには健康状態までを即座に算定する新しいツールが使われていることが明らかになった。一部にはユーザーが削除を試みても後で密かに復活するツールもある。

・ これらの個人情報のプロファイルは、常に更新され、1年半ほど前に誕生した、株式市場のような取引所で売買されている。
(中略)

 本紙は、米国人が閲覧するウェブページの約4割を占める、米国で最も人気のある50サイトを調査した(本紙のサイトWSJ.comも調査対象に含めた)。その後、それらのサイトがテストコンピュータにダウンロードしたトラッキング(追跡)・ファイルとプログラムを分析した。

 その結果、上位50サイトから本紙のテストコンピュータにインストールされたトラッキング・ファイルの数は合計で3180となった。これらの3分の1近くは、お気に入りのサイトのパスワードを記録したり、人気のある項目を集計することを目的とした、害のないものだった。

 だが、131社がインストールした、3分の2以上に相当する2224のファイルの多くが、消費者プロファイルのデータベースを作成するためにユーザーを追跡していた。このデータベースは販売される可能性もある。


詳細は、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版


にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ いつも ありがとうございます。今日も ポチッ と よろしく。 (^ー^)

posted by 甘ん at 07:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新聞記事から
この記事へのコメント
きれいな朝ですね。
海辺の散歩は気持ち良かったでしょうね?
この時期、散歩は5時台ですね。
6時半にはもう日差しが暑い。
甘さんのお家から海は近いんですか?


小鳥のさえずりがまたいいですね。
汚れた私の心が洗われます^^;
Posted by みかん at 2010年08月04日 20:20
みかん さん、

 毎朝、3kmを歩き、浜辺でUターンするのが日課になっています。幸い毎朝 K夫人に迎えに来てもらえるので、朝寝が出来ません。(^^)

 まだまだ暑さが続きますが、日の出が日々に遅くなって行くのを見ると、秋に近づいているのを感じますよ。

 小鳥の声は、海外のFlashのパクリです。(^^;
Posted by 甘ん at 2010年08月04日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39968847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック