2010年08月01日

「食料自給率40%」は大嘘!

<今日の体重>
 今朝の起床直後 67.4kg。(前日比 −0.5kg バッド(下向き矢印) )
<エクササイズ>
 今朝のウォーキング   0分
 昨夕のウォーキング  40分。


 
 晴れたり曇ったり、無風から微風へ変わってきた。

 
 10時から、東京マラソンへの参加抽選の受付が始まる。

 5時間40分の制限時間内なら、これからのトレーニング次第で走りきれるかもしれない。

 申し込んでみよう。わーい(嬉しい顔)


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 今まで、我々の頭には「食料自給率は 僅かに40%。高めなければ日本は危ない」という概念が、刷り込まれてきたようだ。ちっ(怒った顔)


Japan Business Press 鶴岡 弘之氏の記事より

「食料自給率40%」は大嘘!

 多くの人はこう信じているはずだ。「日本の食料自給率は低い」「世界的食糧危機が将来やって来るから、日本は食料自給率を高めて備えなければならない」「日本の農業は弱く、保護しなければ崩壊してしまう」──。

 しかし『日本は世界5位の農業大国』によれば、これらはいずれも農林水産省がでっちあげた大嘘、インチキだという。

『日本は世界5位の農業大国』(浅川芳裕著、講談社、838円)

 筆者の浅川芳裕氏は農業専門雑誌、月刊「農業経営者」の副編集長。豊富な取材事例と膨大なデータを基にして、論理的かつ明快に、農水省がいかに国民を欺き、洗脳してきたかを明らかにしている。


 まず、日本の食料自給率は決して低くない。農水省は「40%」という自給率を取り上げて、先進国の中で最低水準だと喧伝している。だが、これはカロリーベースの数字であって、生産高ベースで見れば66%と他の国に見劣りしない。

 浅川氏によれば、実は40%というカロリーベースの数字自体も、できるだけ低く見せようとする農水省によって操作されたものだという。そもそもカロリーベースという指標を国策に使っているのは世界で日本だけらしい。


 浅川氏は同様に、世界的な食糧危機は現実的にはやって来ないこと、日本の農業は世界有数の高い実力を持ち、食料の増産に成功していることなども論じており、こちらも説得力に満ちている。 
なにしろ日本の農業生産額は約8兆円で、世界5位。日本はれっきとした農業大国なのだ。

 それにしても農水省は罪深い組織である。農水省が国民を欺いてきた理由を一言で言うと、組織と役人の自己保身のため、ということになる。
 
 「窮乏する農家、飢える国民」のイメージを演出し続けることで、省や天下り先の利益を確保し、農水省予算の維持、拡大を図っているのだ。

 
 以降、浅川氏へのインタビュー記事が続く。


にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ いつも ありがとうございます。今日も ポチッ と よろしく。 (^ー^)
posted by 甘ん at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39919962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック