2010年04月01日

「痛いの痛いの飛んでけ〜」効果が実証

<今日の体重>
 今朝の起床直後 67.0 kg。( 前日比 −0.1kg )
<エクササイズ>
 今朝のウォーキング 0分、昨夕のジョギング 0分。
 
 
ふくら脛の肉離れがくっ付くまで 辛抱、辛抱。
   ジョグを休止して 18日目
 
 雨、ウォーキングはできず、寝坊してしまった。

 夕方には回復するようなので、歩けそうだ。

<五行歌ができた>

  いつもグズって
  起きる君
  台所が水漏れ!で
  慌てて跳ね起きた
  エイプリルフール

 
 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 「痛いの痛いの飛んでけ〜」効果が実証されたようだ。わーい(嬉しい顔)

 
 群馬大学大学院医学系研究科・柴崎貢志講師は2010年3月31日、生理学研究所・富永真琴教授らとの共同研究として、「さする」と反応する、神経の突起を伸ばす新たな分子メカニズムを解明したと発表した
 
 傷を負った患部を「さする」行為が、末梢神経の回復・再生を促進させる効果がある可能性を示唆しているとのこと。
 
 「さする」などのような物理的な刺激で反応し、傷ついた神経が突起を伸ばし、損傷から回復していこうとする際に、「TRPV2センサー」による反応がその回復過程を後押しする可能性を示唆している。
 
 
  Garbagenews.comの編集者は、「TRPV2センサー」を分かりやすい比喩で説明している。

「TRPV2センサー」というハンドスピーカーを用いることで多くの作業員に一度に指示を与えることができ、作業の効率が良くなるようなもの。
 
 詳細は ここ
 
 
にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ ありがとうございます、50番目以内にいれば にっこりです。 (^o^)!
posted by 甘ん at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36787828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック