2010年02月24日

またもや、ふくら脛痛

<今日の体重>
 今朝の起床直後 66.9kg。( 前日比 +0.1kgグッド(上向き矢印) )
<エクササイズ>
 今朝のウォーキング 40分、昨夕のジョギング 20分。( 3.0km)
  
 晴れ 晴れ、06:00 には6度c、ウォーキングトイレの後半にはジャンパーの前を開けるほど暑くなった。
 
 ジョギングを3日しなかったのと足の調子が良いようなので、新八幡橋を渡るコースをとった。
 
 ところが、復路の橋の頂点に近づくと、またも ふくら脛が痛み始め、がく〜(落胆した顔)ジョギングを中止。
 
 ふくら脛痛→アキレス腱痛→ふくら脛痛に戻ってしまった。もうやだ〜(悲しい顔)
 
 来月の10km走まで1ヶ月を切っているのに、この体たらくだ。
 
 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 
 日本のミステリードラマの終盤では、犯人は 主人公である弁護士や運転手、科捜研の女と並んで、海や湖、川などに目を向けて告白しなければならない。
 

 アイシェアの調査が出ていた。
 対象は20代〜40代の男女501人(男性53.9%、女性46.1%)。調査期間は1月29日から2月3日。
 

「会話する時、人の目を見て話しますか?」目
 
 「必ず目を見て話す+目を見て話すことが多い」は70.9%。
 
 「目を見て話す」の比率は男性(67.4%)より女性(74.9%)の方が高く、年代が上になるほど高くなっている(20代64.4%、30代73.6%、40代75.0%)。

 「目を見て話す」理由を具体的に聞くと、「礼儀だから」「マナーだと思うから」という人が多く、「気持ちが伝わりやすいから」「相手の反応を見るため」との声もあった。
 
 一方、「目を見ないで話す」理由では、「直接目を見ると相手に威圧感を与えてしまうから」のほか、「恥ずかしいから」「照れるから」といった声が挙がった。



「人と話す時、目を見て話してもらいたいと思いますか?」目
 
 「目を見て話してほしい(どちらかというと含む)」は72.3%。
 
 「目を見て話してほしい」の比率は男女差はほとんどないが(男性71.8%、女性72.7%)、年代が上になるほど高くなっている(20代60.9%、30代77.9%。40代78.6%)。

 また、「目を見て話す」人では91.3%が「目を見て話してほしい」と答えている一方、
 
 「目を見ないで話す(目を見ないで話すことが多い+いつも目を見ないで話す)」人では74.0%が「目を見ないで話してほしい(どちらかというと含む)」と答えている。
 
 目を見て話す人でも、目を見て話さない人でも、自分と同じ対応を相手に望んでいる人が多いようだ。

 
 
 これからは、ワイフの目を盗まないようにしよう。わーい(嬉しい顔)
 
  
にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ ありがとうございます、珍しく10番前後にいます(^o^)!
posted by 甘ん at 09:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ジョギング
この記事へのコメント
1ヶ月を切っていても 無理は禁物ですよ。
焦らず練習してくださいね。

私は話すとき目も見ますが口元を見てますね^^ずっと見つめられると話し辛いので。

目元と口元を絶妙のタイミングで交互に見るのです^^;
Posted by りろりん at 2010年02月25日 03:55
りろりん さん、

 確かに 目だけじっと見続けるのは話辛いですね。(^^)

 私も同様に相手が話しているときは、口元を見ていることが多いです。
Posted by 甘ん at 2010年02月25日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35534331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック