2010年02月09日

110年前の未来予測

<今日の体重>
  今朝の起床直後 67.2kg。( 前日比 +0.3kgグッド(上向き矢印) )
 
 このまま、このまま、と行きたかったが。ふらふら
  
<エクササイズ>
  今朝のウォーキング 40分、昨夕のジョギング 0分。( 0km)
 
 
 曇り 06:00 雨上がりの なぎさ公園をウォーキングトイレ
 
 南の空の厚い雲間から三日月三日月がチラリチラリと覗いていた。
 
 気温は4月並の11度c。500mも歩くと汗ばみはじめ、ウィンドブレーカーと手袋を脱いで歩いた。
 
 
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 探検コムという、興味深い文献を載せているサイトがある。
 
 
 その中で、1901年1月2日、3日に報知新聞に掲載された、未来予測が目についた。 

 昔の人は想像力ひらめきが豊かだったことに驚く。
 

●無線電信および電話
 マルコーニが発明した無線はいっそう進歩して、無線電話で東京からロンドンやニューヨークと自由に話せるようになる。
●遠距離の写真
 数十年後にヨーロッパで戦争が起こったときには、東京の新聞記者は編集局にいながらにしてカラー写真を電送できるだろう。
●野獣の滅亡
 ライオンや虎、ワニといった野獣はアフリカからも絶滅し、ごくわずかが大都会の博物館で生き延びることになる。
●サハラ砂漠
 サハラ砂漠は次第に沃野になり、東半球の文明は中国・日本・アフリカで徐々に発達するだろう。
●7日間世界一周
 19世紀の末では少なくとも80日間かかった世界一周も、20世紀には7日もあれば十分だろう。文明国の人間は、男女を問わず必ず一回は世界漫遊の旅をする。
●空中軍艦、空中砲台
ツェッペリン式の空中船は大いに発達し、軍艦は空を飛び、空中には砲台が設置されるはずだ。
●蚊およびノミの滅亡
 衛生状態が改善され蚊やノミがだんだんに絶滅する。
●暑さ寒さ知らず
 暑さ寒さを調節する器械が発明され、この器械のおかげでアフリカも進歩する。
●植物と電気
 電気で野菜を成長させられる。このため空豆はオレンジほどの大きさになり、菊・牡丹・バラは黒や緑の花を咲かすものも出てくる。グリーンランドにさえ熱帯植物が育つだろう。
●人声10里に達す
 伝声機が改良され、10里(40キロ)離れた男女が延々と愛を語れるようになる。
●写真電話
 電話は相手の顔が見られる。
●買い物が便利に
 写真電話を使えば、遠距離の品物を選んで購入できるようになる。品物は地中の鉄管を通って瞬時に届く。
●電気の世界
 薪も石炭も枯渇し、電気が燃料となる。
●鉄道の速力
 列車は非常に進化し、暖房冷房装置が完備するなど、あらゆる便利が実現する。早さは急行ならば時速50マイル以上(約80キロ)で、東京神戸間で2時間半。今日4日半かかるニューヨーク・サンフランシスコ間は一昼夜で行けるようになる。
 もちろん動力は石炭を使わないから、煤煙の汚水も出ず給水する必要もない。
●市街鉄道
 馬車鉄道や鋼索鉄道は老人の昔話にだけ残り、電気車や圧搾空気車は大改良され、車輪はゴム製となる。文明国の都会では街路上ではなく、空中および地中を走るようになる。
●鉄道の連絡
 航海が便利になる上、鉄道は5大陸を貫通して自由に行き来できる。
●暴風を防ぐ
 気象観測が進歩し、1ヶ月以上前に天災を予知できるようになる。もっとも恐ろしい天災である暴風が起これば、大砲を空中に撃つことで雨に変えることが可能となる。
 20世紀も後半になれば、難船や津波もなくなるだろう。地震は消滅しないが、家屋や道路は地震に耐えられる。
●人の身幹
 運動術や外科手術により、人の身長は6尺(180cm)以上に達する。
●医術の進歩
 薬剤を飲むことはなくなり、電気針で痛みなしに患部に薬液を注射できる。顕微鏡とエックス線が発達することで病原の摘出、治療が自由になる。内科手術はほとんど外科になり、将来は、肺結核でさえ肺を摘出して防腐のうえ殺菌できる。もちろん切開は電気により全く痛みがない。
●自動車の世
 馬車は廃止になり、自動車が安くなる。軍用も馬に代わって自転車と自動車がとってかわる。その結果、馬は奇特な人間がわずかに飼育するだけのものになる。
●人と獣との会話自在
 獣語の研究が進み、小学校に獣語科ができる。人と犬猫猿は自由に会話できるから、下女、下男は多くが犬に占められ、犬が人の使いをする世の中になる。
●幼稚園の廃止
 人智は遺伝により大いに発達し、家庭に無教養な人間はいなくなるから、幼稚園の必要がなくなる。男女とも大学を卒業しないと一人前と見なされない。
●電気の輸送
 日本は琵琶湖の水を使い、アメリカはナイアガラの滝を使って水力発電を起こす。そして電気を全国内に輸送することになる。
 
 
にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ ありがとうございます、珍しく10番前後にいます(^o^)!
posted by 甘ん at 08:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | ブログの肥やし
この記事へのコメント
文明が進んで、国による貧富のが無くなってくれればと思います。
世界一周、してみたいな!
Posted by なつ at 2010年02月09日 15:32
110年前の予測を見ると、"儲け"にからむことは ほとんど実現してます。

しかし、110年間で 貧富の差は激しく拡大するばかりですね。
Posted by 甘ん at 2010年02月09日 17:44
昔の人の発想力は本当にすごいですね。
その豊かな発想力が文明を急速に発展させたのですね。

しかし、人の成長が追いつかず、
環境破壊や生態系破壊、貧困等が
拡大しているのが悲しいですね。
Posted by くおん at 2010年02月10日 02:43
現代社会のように科学が進歩していないのに
昔の人の想像力や発想力はすごいと思います。

自然環境の汚染、生活環境によって格差が生じる問題などは、なんとかならないものなのか・・清潔な水さえも確保できない人たちがいますものね。
Posted by kerorop at 2010年02月10日 06:45
くおん さん、

 "もっと もっと便利に"と、飽くなき追究がもたらされた多くの恩恵を我々は享受しているのですが、
おっしゃるように、人の成長が追いついていませんね。(ーー
Posted by 甘ん at 2010年02月10日 11:06
keroropさん、

 先進国では自己実現など高次の欲求を追い求めているというのに、後進国では生存欲求さえも満たされないという現実が続いていますね。

 人間は、果たして進歩しているのか、疑問です。
Posted by 甘ん at 2010年02月10日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35214057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック