2009年07月14日

犬の二足歩行は虐待だ

<今日の体重>
  今朝の起床直後 67.0kg。( 前日比 −0.3kg ) 
<エクササイズ>
  今朝のウォーキング 45分、昨日のジョギング 17分。 (2.8km)。
  
 晴れ。雲間の青空が清々しいけど、風なく 不快指数は上がるばかり。

 6分/km切りを目指して、ひとりで走ってみた。最初の2kmは6分/kmで走れたが、続かなかった。(^^;


MSN産経ニュース(2009.7.13 21:25)、
二足歩行犬が小学校で交通安全啓発 三重県名張市

 後ろ足2本で道路を散歩する三重県松阪市のトイプードル犬のプルート君が13日、
 
 名張市の百合が丘小学校で行われた名張署など主催の交通安全指導の行事に参加。模擬交差点の横断歩道を1、2年生らと2足歩行で渡って“啓発”した。

 
 
 飼い主は近所の注目を浴びるので、愛犬の二足歩行を延ばそうとする。
 
 愛犬は二足で立つたびに飼い主が喜んでくれ、餌を与えてくれるので、無理を続ける。
 
 新聞やTVが取り上げてくれるので、飼い主は更に愛犬を鼓舞する。
 
 しかし、犬の身体を考える時、犬のためになっているのだろうか。
 
 
 人間は何万年もの時を刻んで今の二足歩行を得て、定着した。
 
 それでも、腰痛患者が蔓延している。

 4足歩行が本来の犬の身体にとって、良いわけがない。
 
 愛犬の二足歩行が、日々、身体を蝕んでいるはずだ。

 極端な表現をすれば、犬の二足歩行は虐待だ。
 
 私には、二足歩行犬の飼い主を、愛犬家とは呼べない。
 
 飼い主との愛情で結ばれた 無芸の犬が、もっとも長生きするのだ。
 

 クリックしていただくと、ランクが5番ほどアップします。(^^)v  にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ 今日は50番目前後をウロウロしています。
posted by 甘ん at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30530127
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック