2009年06月22日

初恋の人からの手紙

<今日の体重>
  今朝の起床直後 66.9kg。( 前日比 +0.2kg ) 
<エクササイズ>
  今朝のウォーキング 30分、昨日のジョギング 31分 (4.3km)。
  
 曇り。昨夕は雨上がりの蒸し暑い中、大橋を渡るゆっくりしたジョギングにした。
 
 呼吸は楽だったが足が重たく、無理をしないでおいた。
 

初恋の人から手紙が届いた!?


「あまん、ひさしぶり。
今でもデートのたびに水筒を持っていますか?当時、おばちゃんみたいだったあまんをなつかしく思います。

少し上からものを言うあまんが「スタイルだけは一流だな」などと失言してお別れすることになったあの日から、もう00年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらあまんからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはあまんのほうでしたね。何を言っても言いくるめられたし、いつも夜に電話して泣かされていたから、寂しくて5人ぐらいキープをつくっていたような記憶があります。そういえば何を勘違いしたのか「おまえにはおれがいないとダメなんだよな」なんて言っていましたね。それを伝え聞いた学校の女子全員が爆笑していたのを覚えています。

私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばあまんにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころのあまんはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

告白してくれたとき、あまんは「おれは顔で選んでいない」って言ってくれましたよね。まるで人の気持ちを考えていないあたりは、あまんらしいよなぁと、今でも頭に残っています。そういう空気を読めないところは、今もそのままなのだろうと思うと嬉しいです。

あまんとの恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、たくさんのものがあることに気付かされます。警戒すべき男性の見分け方などは、あまんのおかげで実践的に身に付いたのだと、日々実感しているところです。どうもありがとう。

いろいろ書きましたが、私はあまんが大好きでした。これからもあまんらしさを失わず、あと臭いジーパンは洗うようにして(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ゲーセン以外のデートコースを開拓しましたか?」
 

 「初恋の人からの手紙」
 
 なかなか良くできています。るんるん
 

クリックしていただくと、ランクが10番ほどアップします。(^^)v  にほんブログ村 ジョギング・マラソンへ 今日は50番目前後をウロウロしています。
posted by 甘ん at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29981340
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック