2024年02月12日

Google「 Gemini」での添削の回答は

晴れ 晴 13/2℃  ・今朝の体重:65、2kg (前比 +0.3kg 右斜め上 ) 
 
  ・ GoogleのAIアプリ Geminiに先日の拙句の解釈を尋ねてみた。
  季語や俳句の定型についてはインプットサれているようだから、添削は無理にしても読み手に上手く伝わったかどうかが不安の時には役立つことがあるかも るんるん 
 
 
[ 問;「重ねたる堆肥の袋春浅し」 の俳句の意味と添削をしてください ]
【回答案を表示

 「重ねたる堆肥の袋春浅し」の意味:
   重ねたる: 重ねられた
   堆肥: 肥料にするために積んで腐らせた有機物
   袋: 堆肥を入れた袋
   春浅し: 春はまだ浅く、寒い日も残っている
 つまり、堆肥を入れた袋がいくつも重なって置かれているのを見て、まだ春の訪れが浅く、寒い日も残っていると感じたという句です。

解釈:
  作者は、重ねられた堆肥の袋から、春の訪れをまだ実感できない寒さを感じ取っています。堆肥は、発酵する過程で熱を発生するため、冬でも温かいイメージがあります。しかし、この句では、重ねられた堆肥の袋が、まだ春の暖かさが十分ではないことを暗示しているように解釈できます。

季語:
  この句の季語は「春浅し」です。「春浅し」は、春の訪れがまだ浅く、寒い日も残っている頃を表す季語です。

添削:
この句は、特に目立った欠点はありません。しかし、以下のように添削することで、より洗練された句にすることができます。

「重ねたる」を「積み重ね」に: より具体的な表現になる
「袋」を「袋々」に: 重なり合った袋の様子をより強調する
「春浅し」を「春寒し」に: 寒さを感じるというイメージをより強くする

添削例:
  積み重ね 堆肥の袋々 春寒し

その他:
  この句は、春の訪れを待ちわびる心情を詠んだ句として解釈することもできます。作者は、重ねられた堆肥の袋を見て、春の訪れがまだ先であることを知りつつも、暖かい春が来ることを心待ちにしているのかもしれません。】

 

biora240212.jpg




ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


 
タグ:Gemini ai
posted by 甘ん at 11:29 | Comment(0) | 俳句
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。