2023年08月01日

晩夏

晴れ 晴 24℃/33℃ ・今朝の体重:63.9kg (前比 +0.1kg 右斜め上
・「ゆる体操」 ・スクワット 20回  ・足首回し 40回 ・爪先立ち 20回

  6月終わりから咲き始めた木槿(むくげ)の花が今が盛り。隣の家の酔芙蓉は一週間前に木のてっぺんあたりに数輪咲いてから、やっと接写できる位置まで降りてきてくれている るんるん
 
 
晩夏:夏の季語。 傍題;晩夏光、晩夏の夜、季夏、夏の末
  夏の末、夏の勢いが衰えをみせ始めたころ。
 
  倉橋島をペンタックスを持って周遊したときに見た何隻もの朽ちた木造船、今はどうなっているのだろう。

朽ち船の舳先は沖へ晩夏光  甘


banka230801.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


 
タグ:夏の季語
posted by 甘ん at 11:26 | Comment(0) | 俳句
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。