2022年06月20日

緑雨

曇り晴 29℃ (最高気温 24℃ )

やっと退院前日となった。明日は長男が車で迎へに来るという。

病院食は味と量共に申しぶんなかったが、ご飯が最後まで三分がゆのままだっのには、うんざりだった。快復度合いに応じた、9年前のシムラ病院のように重湯ー三分がゆー五分粥ー平常食のようには、日赤のような大病院には無理なのかもしれない。
 アンケート用紙には書いておいた。


夏の雨:夏の季語。傍題; 緑雨 
       
退院の迎へ待つ間の緑雨かな  甘



AD3A0053-8273-497B-A6B4-D70C16745991.jpeg


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

posted by 甘ん at 14:25 | Comment(2) | 俳句
この記事へのコメント
おはようございます。
胃腸関係だと、こんな食事になっちゃいますね。
味を気に入られただけでもよかったと思いますが・・・。
いよいよ今日退院ですね、皆さんで待っていらっしゃることでしょう。2022
Posted by 花 at 2022年06月21日 07:51
花さん、ありがとうございました。
 ナースセンターに退院のお礼に出向いたときには、看護師さんがみんな立ち上がって礼をされたのには、「さすが日赤」と感心しました。
Posted by 甘ん at 2022年06月24日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。