2022年03月10日

みすゞ忌

晴れ 晴 3℃ (最高気温予想 16℃ )
 《今朝の体重 64.6kg (対前日 +0.1kg 右斜め上 ) 血圧:139/93
  
 
 3月10日は詩人・金子みすゞ(1903〜1930)の忌日。出身地の山口県長門市では2,3年前まで「全国俳句大会」が開催され、市が音頭を取って「みすゞ忌」を季語にしようという声で盛り上がっていた。しかし、最近のネット上ではその声も僅かとなっている。 
 
 
(さわら):春の季語。傍題;さごち、さごし、鰆舟、鰆釣
 鰹に似てやや細長い出世魚。玄界灘、瀬戸内海に多い。
 
鰆舟から流し網の灯みすゞの忌  甘 





山口県出身の歌手・作曲家の ちひろさんが曲をつけて歌っている。

金子みすゞ「波の子守唄」 歌:ちひろ



金子みすゞ「私と小鳥と鈴と」 歌:ちひろ

 
 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 07:28 | Comment(2) | 俳句
この記事へのコメント
みすゞ忌 あってもおかしくないですね。
あたりまえのことを素直に詠まれた詩です。
それが胸に染みるんですよね〜凸
Posted by ryo at 2022年03月10日 08:41
俳人ではない人も忌日が季語になっている例があるから、
良いと思いますけどね。
でも、大震災の前日なので話題に上げにくくなったのかもしれませんね。

Posted by 甘ん at 2022年03月11日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。