2021年06月12日

道をしへ

雨 20℃ (最高気温予想 25℃ )
 《今朝の体重(朝食前)》 66.4kg (対前日増減 −0.2kg 右斜め下
 《昨日の歩数計》 7,244歩( 6月合計 36km)
 《今朝の血圧・脈拍(朝食前)》 − /分
   
広島市 新型コロナウイルス感染者数推移グラフ(2020.07.01〜 毎日更新中)
 ★ 6月 12日12時発表の新規感染者は 22人
   今月15日前後に 10人以下になるペースで減少していたのに、
   スポーツクラブで11人のクラスターが発生したので、足踏みとなるだろう。
   
東京都 新型コロナウイルス感染者数推移グラフ(2020.06.23〜 毎日更新中)
 ★ 6月 12日16時半発表の新規感染者数は 467人
   一昨日が440人で昨日が439人か。無理に抑えている感じがするが。
   今月20日前後に 300人以下になるペースで減少している。


 今朝は 25:10から海老山周辺を 3.800歩のウォーキング。広島人は真面目だから早朝の土曜日のウォーキングでもマスク姿がほとんどだ。

 広島市の大規模接種会場の予約が少ないとか。12日からの2日間、11会場であわせて約1万2千人の接種分を見込んでいたが、11日午後3時現在、予約した人は5千人弱にとどまっているという。東京都のニュースでもそんな会場もあるようだ。
 
 去年のマスクの取り合いと同じ現象のようだ。マスクの量不足のときには買いだめ、買いあさりで国民が踊らされた。
 ワクチンの入荷が何万単位しか知らされないときには、予約を入れるのに親戚、友人を総動員して、スマホと電話で申し込んだ人も多い。
 
 今になって政府が「ワクチンは何千万枚確保した」と得意になって宣伝するものだから、「なら、慌てることはない」となる。高齢者の多くは かかりつけ医がある。「無理して遠くまで出向かなくても」と思う人が多かろう。
 現在、国に踊らされているのは大都市の職員だろう。
 
 職場でのワクチン接種が実施されることに大賛成したけど、国から企業側へ「千人にまとめてくれ」との厳しい要求があったという。保存の冷蔵庫不足などでワクチンの供給体制が組めないからとか。国は場当たりのアイデアを出すだけではダメだ。
 

道をしへ(みちおしえ):夏の季語。体長二センチくらいの美しい甲虫。昆虫を捕食する。飛ぶ仕草が 道案内をするように見えることから道おしえという。 
   
2015年07月のバーチャル句会で投句したのが、こちら。
 
    道をしへまるで歩幅を知るごとく  甘  
 
2年前に俳誌『夕凪』に載せたのが、こちら。

    道をしへ顔を覚えてゐるらしく  甘


今回、さつき句会の兼題「」で作句したのが、こちら。

    若干のためらいと見ゆ道をしへ  甘 
  

立葵(たちあおい)
tatiaoi210611.jpg


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

応援 ありがとうございます m(_ _)m

posted by 甘ん at 07:36 | Comment(6) | 俳句
この記事へのコメント
私が子供の頃、たくさんいましたね〜
でも「みちしるべ」と呼んでいました。
「ハンミョウ」とも言いますね。
タチアオイが美しい!凸
Posted by ryo at 2021年06月12日 08:48
確かに、あの予約申し込み狂騒曲はどこいった?状態ですね。
かかりつけ医での接種が多いのでしょうけど。
初めての事とはいえ、すべて政局にしたい野党と、利権絡みで動く与党。
場当たりとも言えない、小学低学年に計画させたようなもんです。
Posted by 花 at 2021年06月12日 09:22
広島市は、ワクチン接種は、80歳以上ですか。我が市は,65歳以上からです。広島市は、人口が、多いですから。私は、かかりつけ医が、遅いので、別の医院へ。患者でなくても、対応です。写真。いいですね。タチアオイ。好きです。宇品の歩道脇で、毎年、咲いています。
Posted by 匿名希望します。 at 2021年06月12日 12:59
ryoさん、こんにちは。
 「みちしるべ」ですか。
見たことはあるのでしょうが、意識して見たことがないので残念ながらです。
写真でみると、きれいな虫ですね。
Posted by 甘ん at 2021年06月12日 18:39
花さん、こんにちは。
 必死で予約さらた方々にとっては、今頃は笑い話に生っているかもしれませんね。

 与党の有事は利権の宝庫でしょう。
Posted by 甘ん at 2021年06月12日 18:44
匿名さんとしておきますね。
 こんにちは。
当方の かかりつけ医は接種者数とワクチン数をピタリと合わせるために
看護師さんと気を使っている様子でした。

立葵は八幡川の土手に数百本が咲くのを楽しみにしていますが、今年は手近の所で撮影しました。
Posted by 甘ん at 2021年06月12日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。