2020年01月05日

福袋と迷子

晴れ 晴 6℃ (最高予想 12℃)
今朝の体重》 63.7kg (対前日増減 −0.2kg 右斜め下

バーチャル「日本一周」ウォーキング
 昨日の歩数計 0歩 1月合計 8km
 累積 8,221km/8,955km (到達率 92%) ゴールまで 794km
 室戸市に到着、安芸市への途上。今 ここ [地図]  
 

上京しての10日間はフレーズは思い浮かんだけど、一句にはならなかったから、俳句モードを呼び出そう ふらふら


いろんなイベントで迷子係の応援をやったことがある。

全国の大型店では母を求めて泣きじゃくった迷子の数は何千人だっただろうか。彼らには どんなあやしかたも通じない。もちろん、「お名前は? 何歳?」に答えてくれるわけはない。

最善の方法は抱き上げながら「お母さんはすぐ来るよ」と言いつつ、飴玉を見せて口に入れてやること。

飴玉を見ただけで唾液が充満するのだろう。すぐに泣き止んでくれる。

そうなれば しめたもので、大人たちの頭の高さを越えるように子供を高く抱き上げ、会場を見渡させる。
これで安心感が増幅され、迷子係としばしの友達になれて、名前も告げてくれるようになる。

そんな経験を句にしたけど、一昨日のTV番組で俳人・夏井いつきさんが「福袋」は時代の趨勢からいずれは季語になるだろうが、まだ載せていない歳時記が多いとおっしゃっていた。


 「福袋」の季語化に向けてささやかに、
<今日の一句>

買初(かいぞめ):冬の季語。傍題;初買
 
hukubukuro20200105.jpg
               
飴玉に泣きやむ迷子福袋  甘



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

ご来訪 ありがとうございます m(_ _)m
応援が ブログ更新の励みになっています

タグ:福袋 迷子 季語
posted by 甘ん at 11:52 | Comment(0) | 俳句
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。