2018年12月26日

股関節の可動域が少しアップ

曇り 曇 8℃ (最高予想 12℃)
<今朝の体重> 66.6kg (対前日増減 +0.1kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 昨日の 歩数計 5,324歩  11月合計 95km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 6,906m/8,955km (日本一周の 77%)
  河口湖に到着、甲府市への途上。
 

 今朝の血圧 脈拍(朝食前)143 - 84、54 (今月の血圧グラフ


Sportnavi Doに「重力の重みでじんわり股関節の可動域をアップ」を見つけて、早速実行してみたら、効果あり!ひらめき

「仰向けで行うことで、床にサポートされるので背筋が正しく整い、重力の助けを借りて開脚が無理せず深まります」の言葉通りだった

HOW TO
1.仰向けになって膝を曲げ、腿を左右均等に開脚したら、両手の甲で両膝の内側を少しずつ押す。

kaikyaku-1.jpg


2.両手で膝を押しながら、3呼吸かけて両膝を閉じ、3呼吸かけて開くを10回繰り返す。

kaikyaku-2.jpg


 POINT:手で膝を外側に押す力と、膝を閉じる力を反発させながら両脚を閉じる。

 POINT:両脚を閉じるとき、内腿の内転筋をしっかり使えているかどうかを意識しながら行う。

kaikyaku-3.jpg


以上を実行して開脚すると、脚のつっぱりが少なくなり、膝も今までより伸びて前屈が楽になった わーい(嬉しい顔)

無理して開こうとすると脳が危険を感じて股関節周りの筋肉をセーブする指令を出し、開脚を妨げる。
逆に、閉じようとする力を出すことで、脳からの指令が無く股関節がリラックスしたまま開脚へ向かうようだ。

私のように前屈の苦手な人には お勧めです。


<今日の一句>

古暦:冬の季語
  
hurugoyomi20181226.jpg
溜め置きて画用紙代はり古暦  甘



<昨日のエクササイズ>
タオルグリップ 1セット ・アキレス腱トントン 左右50回×1回
血管ストレッチ 、その他ストレッチ系 10分
ぶらぶら運動 計 3分
ひざ裏のばし3種 0セット・バランスボード 0分

 
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ご来訪 ありがとうございます m(_ _)m
どちらか一つクリックしていただければ
両方に加点されるランキングです。

posted by 甘ん at 09:50 | Comment(2) | ストレッチ
この記事へのコメント
良さそうなトレーニングすね。
狭窄症に堪えないか確認してから、堪えないようであれば、私もやってみます。
色々、チャレンジされているんですね。
Posted by Left Alone at 2018年12月27日 20:50
この歳になると、何もしなければ身体の昨日は機能は退歩するばかりですから、良いと思えばトライすることにしています (^_^)
Posted by 甘ん at 2018年12月30日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。