2018年11月25日

バーチャル句会の選句結果は

晴 8℃ (最高予想 17℃)
<今朝の体重> 65.3kg (対前日増減 −0.1kg )

<ウォーキング&ジョギング>
 昨日の 歩数計 0歩  11月合計 86km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 6,783m/8,955km (日本一周の 76%)
  箱根町に到着、沼津市への途上。
 


 今朝の血圧、脈拍 147 - 86、53 (血圧グラフ


第274回「バーチャル句会」の選句・選評がアップされた。

今月は兼題:「時雨/寒禽/落葉」に 10名が参加。
※ 選:選句、 コ:コメント


──────────────────────
 初時雨すぎて葉先の振れ始む   甘
──────────────────────
  2点句
選 haj 細かい観察ですね。

選 Sir 細かいところまでよく見ていると、その観察眼に一票です。

コ Bii 時雨が過ぎて葉先が振れ始むというが、時雨の時も雨の重さで葉先が振れるような感じも。

自解 振れ幅が1センチの小刻みの揺れから始まりました。

──────────────────────
 学童の放り揚げたる落葉かな   甘
──────────────────────
  1点句。
選 Syu 子等の歓声と宙の色、それにまわりの景も見えて来る。上五がこの句の発見だ。

コ Haj 「放り揚げる」は「放り上げる」では。

コ Bii 分かるが、これも想定内句か。

コ Sir 下校の途中だったのでしょう。こんな遊びもありますね。

コ Nik 「揚げたる」だと落ち葉の天ぷらたい。

自解 下校途中の学童が落葉を抱き上げ、放り投げている様を見ながら。たる→ をる にすべきだったかと。

自戒; 学童の放り上げをる落葉かな  甘 でも、良くはなるけど、あの子供らの嬉々とした姿をもっと出せないものか ふらふら

──────────────────────
 木の瘤となる寒禽の夕べかな   甘
──────────────────────
  2点句
選 Sir 葉がすっかり落ちて寒禽がまさに木の瘤のよう。「夕べ」が効いています。

選 Mik 夕方、群れを成し空を暗くするほどの椋鳥が一本の木に降り立ち、木の瘤となる。「瘤」に冬鳥といえども野生の持つパワーを感じます。

コ Nik 木の瘤の意味がよくわからない。

コ Mok じっと動かずに木と同化したような鳥の姿に外の寒さが思いやられます。

自解 夕暮れの散歩では鳥の影とも木の瘤とも判別が難しいので。

自戒; 木の瘤となりて寒禽ねむりけり  甘
俳誌には これを出しておこう。

DSCN8399.jpg

 
<昨日のエクササイズ>
血管ストレッチ 、その他ストレッチ系 20分
ぶらぶら運動 ・ラジオ体操 第一 計10分
ひざ裏のばし3種 1セット・バランスボード 3分

 
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ご来訪 ありがとうございます m(_ _)m
どちらか一つクリックしていただければ
両方に加点されるランキングです。

posted by 甘ん at 09:56 | Comment(2) | 俳句
この記事へのコメント
こんにちは。
毎日キッチリとストレッチや散歩をこなしておられるのですね。
ついストレッチなどは手抜きをしてしまい反省ばかりです。
箱根から沼津までは、途中で風景や美味しいものを楽しめるので、想像しながら拝見しています。
Posted by at 2018年11月25日 13:45
花さん、

 何しろ身体が固いのでストレッチは欠かさず行うようにしていますが、実際は手抜きのほうが多いです ^^;
 ストレッチも、ウォーキングも ブログで公言しておけば、ズル休みも あまりしないで続けられるのが利点です。
Posted by 甘ん at 2018年11月26日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。