人生の最後を車いすで過ごしたくない、と願いつつ
ウォーキングとスロージョギングによる
8,955kmのバーチャル 日本一周にチャレンジ中です

2014.01.01に 広島をスタートして 今日で年と
目標は 2年と

2017年12月08日

楽天が がん治療事業に参入

曇り 曇 6℃ <今朝の体重>・64.5kg。(対前日増減 −0.2kg 右斜め上

<ウォーキング&ジョギング>
 昨日の 歩数計 0歩 12月合計 26km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 5,494km/8,955km (日本一周の 61%)
  青森県・むつ市へ到着、野辺地への途上。
 

 10日締切、「さつき句会」兼題:“人編”の事前投句2句のFAX送信を終えた。


 東洋経済Onlineの 『楽天の「がん光免疫療法」は何がスゴイのか』での、 楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が 、個人での出資から会社として本格的にがん治療事業に参入する記事が目についた。
 
 2011年に米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員らのグループが開発した光免疫療法の商業化を進めている米ベンチャー企業、アスピリアン・セラピューティクス(カリフォルニア州)に、楽天も出資を行っていくという。

 この光免疫療法は、がんに特異的にくっつく抗体に特定の赤外線を照射し、直後からがん細胞のみの壊死が始まるというもの。
 
 詳細は 東洋経済Online記事に。
 
<以下談話の一部抜粋
 「画期的なことは、これがさまざまながんに適用できる可能性がある。それでは、どのくらい効くのか。奏効率というものがありますが、これは1カ月後にがんの大きさが30%以上小さくなってる比率を示す数字です。光免疫療法は第1フェーズのテストでは、ほぼすべての患者に奏効がみられました。もうこれ第2フェーズまで終わっていて、もうがんは見当たりませんというレベルにまで完治する完全奏効率というのも、あくまで第1フェーズですが3割程度に完全奏効がみられています」。

 「患者にとってのメリットは、ほかの細胞にはダメージを与えず、がんだけに効く点にあります。つまり、正常細胞はやっつけないのでダメージが非常に少ない」。
 
 「米国では2019年度中に承認を目指しています」。 

 100株ほど買っておこうかなわーい(嬉しい顔)


   

 十二月:冬の季語。
  クリスマスと kuuの誕生日のプレゼントが重なっているので、忘れっぽい じい、ばあに。
           
jyuunigatu20171208.jpg
約束の念押しさるる十二月  甘


 
<昨日のエクササイズ>
 ・フェルデンクライス、野口体操など 10分
・市大ストレッチ 3分 ・くねくね体操 3分骨盤後傾矯正 0分
 ・中高年向け筋トレ 3分 ・  腹筋エクササイズ 0セット(1分×3回)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます .
posted by 甘ん at 10:22 | Comment(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ