2017年09月27日

ど忘れ対策にはタオルマッサージ

雨 05:20 霧雨 22℃
<今朝の体重> ・64.2kg。(対前日増減 ±0.0kg )

<ウォーキング&ジョギング>
 今朝の 歩数計 4,071歩、昨日 5,255歩、9月合計 109km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 5,239km/8,955km(日本一周の 58%)
  北海道・室蘭市へ到着、長万部町への途上。
 

 昨夜のTV 『たけしの家庭の医学』の中で、「認知症予防に脳内物質NGFを増やすタオルマッサージ」に、ど忘れが多くなったいるので興味が湧いた。

 東京都健康長寿医療センター・自律神経機能研究室 堀田晴美部長の研究成果によるもので、脳の神経細胞を維持するのの欠かせない脳内物質NGFを増加させる方法だった。

 結論を言えば、軽い皮膚刺激を与えれば脳内の血管の拡張→血流増加によりNGFが増加し、脳を守ることになり、物忘れ、認知症の予防につながるという。
 
 その一つの方法が、使い古しのバサバサするタオルを両手のひらに挟み、タオルが落ちない程度の力で10分間、すり合わせるだけ
 美容健康infoさんが放送内容を詳しく掲載。
 
 数人の実験者のビフォア アフターの成果が紹介されたが、これはご愛嬌。

 まだラットでの実験成果が中心ではあるが、でも、やってマイナスになることはない。
俳句脳もアップすれば申し分ないのだが。わーい(嬉しい顔)

 


 健康に関心のある方は、ぜひ堀田晴美氏のセミナー図解資料「身体への刺激が脳機能を支えるメカニズム」を一読されたい。

脳の重さは体重の2%、血流量は15%など分かりやすく図解されている。
keturyu.png

keturyu2.png


 同じく堀田晴美氏の特別講演「皮膚に触れると起こる無意識の反応」2013.09もちょっと難しいけど参考になる。
また、頻尿の気になる人にも参考になりそうだ。




 秋灯:秋の季語

akitomosi20170927.jpg
対岸の島にぽつりと秋灯(あきともし)  甘



<昨日のエクササイズ>
 ・フェルデンクライス、野口体操など 10分
・市大ストレッチ 3分 ・くねくね体操 0分骨盤後傾矯正 2分
 ・腕立て伏せ 30回 ・  腹筋エクササイズ 3セット(1分×3回)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます .
posted by 甘ん at 09:40 | Comment(2) | 健康
この記事へのコメント
甘さんおはようございます。
特別講演のサイト興味深く読ませてもらいました。
凄い納得した事がたくさん書かれていて!
もしかしたら、最終的には、凄く進歩した医学プラス昔からの医学両方を巧く使えれば、もっと良くなるんですよね。
手当、触診などとても大事な事ですし、最も最新医療は、結構アナログな世界で会ったりしてですね。

色々な事が可視化出来るようになったのはとても便利ですね。でもプラス治療はやっぱり丁寧な、手当ですよね。
Posted by ひつじ at 2017年09月28日 08:44
ひつじ さん、こんにちは。

 貴ブログのオールデイズの動画のときにはそれを聴きながらネットサーフィンしています (^o^)

 大病院では医師の分業化が進んできたから、かえって本当の病名が突き止められず、新たに総合診療医が注目されていますね。

正確な診療を受けたいものです。
Posted by 甘ん at 2017年10月02日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。