人生の最後を車いすで過ごしたくない、と願いつつ
ウォーキングとスロージョギングによる
8,955kmのバーチャル 日本一周にチャレンジ中です

2014.01.01に 広島をスタートして 今日で年と
目標は 2年と

2017年02月06日

夜明けのスキャット

06:30 雨 6℃
<今朝の体重> ・64.2kg。(対前日増減 ±0.0kg )

<ウォーキング&ジョギング>
 ・昨日の 歩数計 0歩 2月合計 18km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 4,348km/8,955km(日本一周の 49%)
  北海道・雄武町を経て、紋別市への途上。


 10日締切の「さつき句会」の兼題は「重」。
「重」の一字を入れる句を二句出句しなければならない。

 「“二重唱”で一句を」と、安田祥子と由紀さおり姉妹を思い浮かべ、ヒントを得るために検索すると、「歌謡曲におけるキーの男女差について」という記事があった。
 
 二人の地声と裏声を比べ、声質に大差があるのでデュエットはミスマッチだ、という論評を展開している。
 
安田祥子の音域は無論ソプラノであり、すべて裏声を用い、確かな歌唱技術に裏付けられた美声を誇る。
これに対して由紀さおりは音域はさほど広くない。おおむねA〜Bあたり下を地声で歌い、それより上は裏声になっているから、という。

 そこに由紀さおりの21−22歳の頃と2年前の「夜明けのスキャット」のYoutubeが貼られていた。
 
 年とともにハリはなくなっていくのは当然とは思いながら、ビフォー・アフターのビフォーから先に聴いてしまった。ふらふら
 
 ダイエットや改築のビフォー・アフターではその順で良いが、歌は止めたほうが良い。


 

 

<今日の一句>
harukizasu2001.jpgソプラノの風とデュエット春きざす  甘

 
 
<昨日のエクササイズ>
 ・前屈などストレッチ 5分
 ・あさイチ流“横隔膜呼吸”0セット
 ・腕立て伏せ 20回 ・四股踏み 20回
 ・ダンベル(肩、腕の筋トレ) 0分

 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
ご来訪 ありがとうございます
どれか一つを押していただくだけで、全てに配点されます
posted by 甘ん at 08:51 | Comment(5) | ダイエット
この記事へのコメント
甘んさんが自分の「失敗」を生かして、わざわざ「アフター→ビフォー」の順に貼って下さっていた曲を、ついうっかり「ビフォー→アフター」の順に聴いてしまいました。
しかし私…妙に納得してしまい、これはこれで良いような…。
Posted by 八田真田八 at 2017年02月06日 10:40
八田真田八さん、

 それもありですね (^^)
 
 貴ブログにも毎日お邪魔しているのですが、コメントに代えて応援ポチで帰ることが多く、失礼しております。
Posted by 甘ん at 2017年02月06日 14:00

映像なしで音だけで聞くと特に
味わいを感じます。円熟の愛ですね。

若い声は若い声でかわいらしく・おさなく
フレッシュな魅力ですね。

平均年齢の若い各パート1〜2人の混声合唱団で
歌っています。
はていつまで歌えるかなのですが・・・。

いつからか「老」はネガティーブのイメージが
多くなったのでしょうね。

ポジティーブな言葉
老熟、老練 老中 老舗 老酒 ありますね〜!







Posted by 綾 at 2017年02月06日 14:08
私は幼いころから人前で歌うのが好きで(笑)

由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」も
よく家族や親せきの前で歌っていました♪
懐かしいです

今日の当地は北風ビュービューです
春風が待ち遠しいですね(*^_^*)
Posted by 笑子 at 2017年02月06日 14:30
綾さん、

 歌を続けておられるのは素敵なことですね。

プロの歌手は自分の歌手としての限界をどのようにして決断するのでしょうかね。

アマチュアには限界がありませんから、がんばってください。
Posted by 甘ん at 2017年02月06日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ