2016年09月16日

ハイタッチは 何時頃から始まったのだろう

曇り 05:10 曇 23℃
<今朝の体重> ・64.4kg。(対前日増減 −0.1kg 右斜め下

<ウォーキング&ジョギング>
 ・今朝の 歩数計 4,894歩 9月合計 55km
 ☆バーチャル「日本一周」
  累積 3,881km/8,955km(日本一周の 43%)
  北海道・滝川市に到着し、旭川市への途上。


今朝は満潮が始まり、潮に乗って集まった魚群を狙って白サギ、青サギ、カモメが騒がしく行き交う八幡川河口を歩いた。るんるん

河岸の砂に生息するゴカイなどを狙ってチヌの大群が列を作っていた。

川の中央部でジャンプを始めたボラにカメラを向けたが、5段跳びの最後の着水になってしまった。それから しばらく水面を眺めてみたものの、チャンスは二度と来なかった。ふらふら


昨夜は広島カープが優勝して初めてホームゲームを行い、試合後にセ・リーグ優勝セレモニーで受け取ったペナントとトロフィーと共にグラウンドを一周した。

カープが得点を上げる度に行われるハイタッチを見ながら、「ハイタッチはいつ頃から始まったのだろう」という疑問が湧き、検索したみた。

「ハイタッチ」は和製英語だそうで、英米では「ハイファイブ( high-five)」と呼ばれる。

最初の頃は「男がペチャペチャと手を合わせる姿なんて」なんて思っていたが、今は日常と化し、孫娘とのハイタッチを期待している。わーい(嬉しい顔)

起源は、1977年にメジャーリーグMLBのロサンゼルス・ドジャースの選手がホームランの際に行われた時とされている。

日本では女子バレーボールのハイタッチが目につくので、1991年のYouTubeでの日本代表の得点シーンを見ると、まだ握手の位置でのタッチしか行われていなかった。

1995年 女子バレーボールW杯では、大林素子選手らのハイタッチがされていたので、この1〜2年前から始まったようだ。プロ野球でも今ほどベンチの全員とのタッチはないものの、一部の選手間で行われている。



<昨日のエクササイズ>
    ・ベタ−ッと開脚・前屈 5分
 ・腕立て伏せ 20回 ・四股踏み 20回
 ・筋膜ストレッチなど 10分


マテバシイ
donguri20160916.jpg


にほんブログ村 にほんブログ村
ご来訪 ありがとうございます
posted by 甘ん at 09:35 | Comment(0) | ウォーキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。