2022年05月06日

立夏

晴れ 晴 13℃ (最高気温予想 25℃ )
 《今朝の体重 65.9kg (対前日 ー0.3kg 右斜め下

 長女の猫 aiに手を差し出すと片方ずつ頬を擦り寄せてくる。甘えモードに入ったサインなのだそうな。仰向けになったaiの全身をゆっくりと撫で回してやると、されるがままになってきた。

 前脚をさすったところ、人間が掌をパーに広げたのと同じグーとパーを繰り返すのだ。いつも爪を隠した前足しか見たことがなかったので、当たり前よと言われそうだが、猫が人間のパーと同じ5本指をひろげて、完全なパーができるのに感動した るんるん

 昨日は子供の日で kuuと hono一家との夕食をだったが、シーズー犬を連れてこなかったので、犬のグーパー実験ができなかったから、次回に試してみよう。
  
       
立夏:夏の季語。傍題;夏立つ、夏に入る、夏来る、今朝の夏
 二十四節気の一つで陽暦五月六日ごろ。今年は五月五日だった。 
         
撫でられて猫のパーする立夏かな  甘



カタバミ(酢漿草・酸漿草)
katabami220425.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 09:37 | Comment(2) | 犬と猫

2022年05月05日

子供の日

晴れ 晴 13℃ (最高気温予想 25℃ )
 《今朝の体重 66.2kg (対前日 ー0.2kg 右斜め下

 昨年の朝ドラでは「鐘の鳴る丘」の歌詞の中で ” 黄色いお窓はおいらの家よ♪ ” の部分を ” おうまのは ” と、70年間も覚えてきたのに気づいた。「めだかの学校」のニ番も同様な覚え違いがあったから、耳で聴いてきた多くの童謡や歌謡曲に同様の覚え違いがあることだろう。
 最近は、TV画面に歌詞が出るから一緒に歌えるからありがたい。
  
       
子供の日:夏の季語。
 かつての端午の節句。 
         
子供の日おぼえ違ひの歌詞二文字  甘


ニ年前の、
    子供の日ねこふんじやつたなら弾ける  甘

          よりもパンチのある句を作ろうとするけど、
            柳の下のどじょうはいなかった ふらふら


himekingyoso.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 08:57 | Comment(2) | 俳句

2022年05月04日

みどりの日

晴れ 晴 9℃ (最高気温予想 23℃ )
 《今朝の体重 66.4kg (対前日 +0.1kg 右斜め上

 昨日は三人で大規模リニューアルした「アルパーク ALPARK」へ。ほぼ満員のフードコートで「讃岐屋」のエビ天とじをとって、売り場面積が世界最大の「無印良品」で夏用のウェットパンツと嗜好品を購入。「チュチュアンナグランデ」、「西松屋」、「ダイソー」など広島県最大級の店舗をざっと見て回り、食品をスーパー「フレスタ」で買って帰宅。
  
       
みどりの日:春の季語。傍題;植樹祭
 五月四日、自然に親しむとともに その恩恵に感謝し、豊かな心を育むことを趣旨とする国民の祝日。今年の全国植樹祭は 6月5日(日)滋賀県甲賀市「鹿深夢の森」で開催予定。
 角川の「俳句歳時記」も いずれ夏の季語に編入されるのでは。
 
 昭和が平成に変わってからの数年間は「昭和で言えば何年かな? 」と換算し直したものだったが、平成から令和に変わってからは すんなりと脳内に令和が染み入ったようだ。
 
        
昭和九十七年のみどりの日  甘



オステオスペルマム (別名:アフリカンデージー キク科)
osuteosuperumamu.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 09:47 | Comment(2) | 日記

2022年05月03日

鉄線花

晴れ 晴 10℃ (最高気温予想 20℃ )
 《今朝の体重 66.3kg (対前日 ー0.1kg 右斜め下

 今日から aiと arrowの猫との一週間の共同生活。新幹線移動に耐えての、キャリーバッグから放たれた途端に飛び出して、すぐさま各部屋を偵察に回り終えて、いつもの餌を待ち望む。

 去年の暮の10月、11月と正月休みの2週間は一緒に暮らしたのに、二匹共に すり寄ってくることはない。机に向かっていたら arrowが膝に飛び乗っけきた。「よし よし いい子だ」と撫でようとしたら、机に載って書棚に飛び移ってしまった。吾がは単なる跳び箱の役目だったのだ 眠い(睡眠)
  
       
鉄線花:夏の季語。傍題;てっせんかずら、クレマチス、鉄線
 初夏に鉄線に似た硬い茎から蔓を出し、紫または白、紅紫色の六弁花を開く。
 
 六弁の” てっせん ”と八弁の ” かざぐるま ” を交配したのがクレマチス。
 
 A家とB家の境界にA家のクレマチスが咲いていた。スマホで撮るにはB家から撮るしかない。B家の門扉はいつも閉じられているのに、昨日は半開きになっていた。B家の庭にも手入れの行き届いたツツジが植えられているから、門扉の半開きはB家の配慮だろう。また、B家とA家の平生の友好も感じられる。
 
       
クレマチス隣家の門扉半開き  甘


 半開きの事情の憶測は17字では無理・・。

声かけて隣家より撮る鉄線花  甘



クレマチス
kuremachisu220503.jpg

kurematisu220503.jpg

 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 10:36 | Comment(4) | 俳句

2022年05月02日

八十八夜

晴れ 晴 8℃ (最高気温予想 20℃ )
 《今朝の体重 66.4kg (対前日 ー0.3kg 右斜め下

 今夜は長女が 巻き毛が特徴のラパーマ種の猫 aiと arrowを連れて帰郷してくる。納戸に保管していた猫トイレ、爪研ぎボードなどを引っ張り出しておいた。クッションを虫干しをしておこう るんるん
  
       
八十八夜:夏の季語。
 立春から数えて八十八日目、今年は新暦五月二日。 
     
八十八夜小猫二匹と帰郷の子 甘



シラン(紫蘭)
siran220502.jpg


 


ご来訪ありがとうございます


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


posted by 甘ん at 09:47 | Comment(4) | 俳句